チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命] 病気になる前に治療をするのが役目

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

病気になる前に治療をするのが役目

 

東洋医学は脳内モルヒネを出す医学ですが、

その指標として使えるのが脳波ですが、

脳波がα波になれば脳内モルヒネが出ます。

 

しかし現実の生活では脳波をα波にできる機会に

恵まれない人もたくさんいます。

 

そういう人のために脳波をα波にできる機械があります。

この機械を使うとストレスがとれるのです。

脳波をα波にすると脳内モルヒネが出てきて

ストレスをとってしまう。

 

ストレスをとってしまう機械?

本来は瞑想や気功でとるほうがよいのですが、

機会がないからといってとらないでいるよりは、

機械であれ、なんであってもストレスをとったほうが

健康のためには有益なのです。

 

現代人はたえずストレスにさらされて生きています。

それぞれの解消法を生活の中から見つけてがんばっている

わけですが、ストレスにには自覚できないものがあります。

 

長い時間をかけてチリのように堆積してくるストレスは、

自分でもなかなか気ずかないものです。

自分の体はどこもわるくない。健康診断をしても何もいわれない。

だから健康なのだ。そう思っているかもしれませんが、

健康というものは医療検査の数値からだけでは

なかなか判断できないものなのです。

 

医者は病人が来たら手をついて謝れ

 

私が祖父から教わったのは「病人が来たら手をついて謝れ」

ということでした。

 

スポンサーリンク



 

東洋医学の医者は病気人をつくらないためにいる。

未病のときに治療をして病人にしないのが役目である。

だから病人が目の前に現れたら、それは自分たちの

失敗であるという考え方をしているのです。

 

これからは東洋、西洋の垣根をとっぱらって

「人を病気にさせない医療」をやっていかねばなりません。

 

私の病院でやっていることはまさにそれで、けっして東洋医学だけに

こりかたまっているわけではないのです。

 

病気ににならないための生活指導

 

検査で健康状態がわかれば「あなたはいまのライフスタイル

なら何年先にこんな病気になります」と教えてあげられます。

 

「病気ににならないためにはこういうことをしなさい」と

生活指導もできます。

 

それをまもってもらえば、ほとんどの病気は防げる。

どうしても防げなかったらまた病院へ来ればいいのです。

 

私はいまの病気中心の医療ではなく、体を鍛え若さと美しさを保てる

施設と医療施設は一体化しなくてはいけないと思っています。

 

スポンサーリンク



まとめ

東洋医学は脳内モルヒネを出す医学ですが

その指標として使えるのが脳波です。

脳波がα波になれば脳内モルヒネが出ます。

しかし、現実の生活では脳波をα波をにできる機会に恵まれない人もいます。

そういう人のために人工的に脳波をα波にできる機械もあるのです。

病気ににならないためにはこういうことをしなさいと生活指導も

できるようになりました、東洋医学の素晴らしいところです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP