チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


不動産投資、工場・倉庫で成功をつかんだ投資家、Eさん 

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える

お得な情報をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

 

オーナー自身のビジネスに利用する

 

Eさん

所在地:東京都内

土地:100坪の敷地

建物:2階建て倉庫

Eさん購入した物件をテナントに貸して収益を得るのが

「工場・倉庫投資」の最もオーソドックスな手法ですが、

オーナー自らが工場・倉庫を使ってビジネスを行うという

選択肢も考えられます。

 

Eさんは、都内100坪程度の中古の2階建て倉庫を購入し、

そこを結婚式場として活用することを計画しました。

 

もともと、Eさんの家業は花屋でした。

「結婚式には花がつきもの、本業にもプラスになるだろう」

と相乗り効果を期待したわけです。

 

 

スポンサーリンク



 

その後、紆余曲折あって、購入した倉庫は、

現在、花屋としての利用がメインとなっています。

 

Eさんは、倉庫の広いスペースを最大限に活用すべく、

様々な種類の安価な値段で大量に仕入れ、低価格で販売しています。

 

倉庫の近くはお洒落な花屋が少なくありませんが

「あの店の花が一番新鮮で、種類も多い」と、

週末になると遠方からも大勢の客さんが自動車で

押しかける大繫盛店となっています。

 

建物の値段は築年数50年以上でゼロ円

 

この物件を購入するために、Eさんはが支払ったのは土地の代金だけです。

建物の値段は築年数が50年以上たっていたのでゼロ円でした。

Eさんは全く考えていませんが、もし仮に今、

この物件を売却するとすれば、ビジネスが成功していることも考慮されて、

土地だけでゃなく建物にも結構な値段が付くことになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

 

Eさんは購入した物件を花屋として利用し自分の事業に活用して

収益をあげています。

立地面から判断して商売には向いている物件と向いていないものが

あるので有効活用を考えて付加価値を高めるのも一つの手です。

倉庫の特徴は活用範囲が広いので業種を幅広く考えるのが

成功へ判断基準となります。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

コメント

PAGE TOP