チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


不動産投資、工場・倉庫で成功をつかんだ投資家、Hさんの業者選び

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える

お得な情報をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

テナントとのトラブル解消で安定収入を

 

Hさん

所在地:東京都内

土地:20坪の敷地

建物:平屋の倉庫

投資金額:万円

賃貸料収入:万円/年間

利回り:%

 

Hさんは東京都内に購入した倉庫を、産廃業者に貸し出しまた。

オーナーの中には、建物が汚されることを警戒してか、

産廃会社がテナントになることを嫌がる人もいます。

 

Hさんも当初はあまり積極的ではありませんでしたが、

「ペットボトルの回収所として利用するから汚れることはない」

という言葉を信じたのです。

ところが、Hさんとの約束を反古にしました。

 

借りた倉庫を、生ゴミの処理として使いだしたのです。

倉庫を内にはすさまじい悪臭が発生し、また回収してきたゴミを大量の

水でジャバジャバと洗ったために建物はサビだらけになりました。

 

スポンサーリンク



 

 

Hさんは、生ゴミの処理をやめるよう何度も何度も訴えました。

しかし、聞き入れてもらえず、

困り切った末に「何とかしてもらえないか」と駆け込んできたのです。

 

「約束が守られていなかったためにHさんが多大なストレス

を抱えている」ことを伝えて善処を求めました。

その上で会社の言い分にも耳を傾ける姿勢を示したところ、

「約束を破ったのは申し訳がない。

 

しかし、経営が立ち行かなくなるので、生ゴミの処理は

させてほしい」と訴えてきました。

Hさんと双方の納得できる妥協点を探ったところ、

最終的に、大量の水を使っても傷まないように、建物に加工を施す

ことを条件に、生ゴミの処理を認めることになりました。

 

このように、オーナーとテナントがともに相手の要望を受ける

形で問題を解消することに成功しました。

雨降って地固まるではありませんが、その後、両者の間には

全くトラブルが発生せず、現実も良好な関係を維持しています。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

Hさんは倉庫を、産廃業者に貸したために折り合いをつけるまでに

少し苦労しましたが。

テナントと折り合いがつくまで妥協点を探って話し合いをして

解決出来たことは大変良かったです。

オーナーとテナントは契約の時に充分確認し合えば最小限の

トラブルで済んだかもしれません。

オーナーとテナントはお互いにゆずれるところはあります

気持ちよく永く続くためにはお互い努力すればうまくいきます。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

PAGE TOP