チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


 早わかり、パンダ舎を2020年に、移転を計画すると発表されました。

お知らせ
こんにちは
WordPress見本市ブログです

自然に近い竹やぶのあるパンダ舎になる。

 

 

スポンサーリンク



 

 

パンダ舎2020年春に竹やぶを再現したところへ

竹やぶを再現したパンダ舎を上野動物園は
2020年春にも、東園表門近くのパンダ舎を
約300メート離れた西園に移設する予定です。

パンダ人気による園内外の混雑緩和につなげ、
パンダが運動しやすい飼育環境を整えることで、
繫殖能力を高める狙いもあるのです。

 

スポンサーリンク



 

 

1988年にできたパンダ舎は、JR上野駅から
徒歩5分の東園表門近くにあります。

19日のシャンシャン公開前から、休日には観覧待ちの
来園者らが表門付近まであふれ、混雑の原因になっているため

新パンダ舎は、上野公園の不忍池側にある西園の
「子ども動物園」跡地に整備する予定です。

 

 

 

「パンダふるさとゾーン」と称して中国に生息する
レッサーパンダや鳥などの飼育舎も設け、
観覧待ちの来園者が待機できる滞留空間も確保します。

 

 

現在のパダン舎は手狭で高低差が少なく、
運動不足になりがちということで繫殖能力向上には
後ろ脚の筋力アップが必要とされるため、

新パンダ舎には傾斜をつけ、竹やぶを再現するなど、
パンダが生息する山岳地帯の環境に近付ける。

 

広さも現在の屋内約300平方メートルから、
いずれも約1000平方メートルに広げる予定です。

 

スポンサーリンク



 

 

 

総工費は約22億円で、新パンダ舎は20年2月の
完成を予定しています。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

コメント

PAGE TOP