チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ改善で長寿に「脳内革命」脳内モルヒネで「幼若化現象」も可能

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。

「脳内革命」を実行して今は正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



脳内モルヒネによる若返りはたくさんある

ナチュラルキラー細胞という、ガンをたたくことで有名な細胞があります。

これに脳内モルヒネがふれると、「幼若化現象」といって細胞が若返って

しまうことが顕微鏡で確認されています。

 

ナチュラルキラー細胞はリンパ球として確認できますし、

脳内モルヒネも結晶で取り出せるので、

これをふ卵器の中に48時間おいておきますと、

年をとって核がくびれ、たくさん枝分かれしていた細胞が

再び棒状の若い細胞に化ける。

これが脳内モルヒネによって起こる若返り現象です。

脳内モルヒネで起こる若返り現象

 

リンパ球はガンだけでなくばい菌も殺してくれますから、

脳内モルヒネをふんだんに出していると、

細胞はいつまでも若々しく、体の免疫力も高いということになります。

 

この脳内モルヒネのパワーはどのぐらいあるのか、

他の若返り作用のある物質とくらべたらどうなのか。

それを調べることもできます。

取り出したリンパ球の中に若い細胞がどれだけあるかをまず調べる。

運動、瞑想、食事この三つを適切に行えば、

私たちは百二十五歳といわれる人間の限界寿命まで、

病気と無縁で元気ではつらつと生きられるのです。

 

スポンサーリンク



 

また人間は本来、すごい能力を持っている。

スポーツでも学問でも人とのつきあい方でもなんでも、

達人、名人といわれる人間の域まで達するていどの能力は、

潜在的にだれでももっているのです。

 

それが発揮できないのは、さまざまなじゃまが入るからで、

それを取り除くことができれば、自分の望むことぐらいは

だれもがラクラク実現できるのです。

問題はそのじゃまものです。

 

ストレスは生きているかぎり避けられない

 

トラブル、雑念、マイナスの想念などがそれですが、

それらを全部ひっくるめて最大の適は何かといえば、

それはストレスという言葉でくくってもよいと思います。

 

つまり私たちはストレスにやられて思うように生きられないのです。

 

しかしストレスは生きているかぎり避けられない。

それは微生物に似て私たちのまわりにうようよいる。

 

私たちは微生物を避けることはできないが、

その微生物の海の中でどうやっていきているかというと、

役に立つ微生物とは共生しながら、

害になる微生物のほうはやっつけているのです。

 

人間の体にはそういう自己防衛機能が備わっているわけですが、

ストレスという人生の夾雑物きょうざつぶつへの対処を適切に行ってくれる

心の自己防衛機能ともいうべきものが一方でちきんと提示されている。

それがプラス発想といってよいと思います。

 

スポンサーリンク



まとめ

ガンの特効薬として有名な丸山ワクチンの幼若化率は20%でした。

これだけ若返れば相当な効き目の物質ということですが、

脳内モルヒネの幼若化率は50%という高率であることが

確かめられているのです。

脳内モルヒネがいかにパワフルかということは100歳を超えても

元気で皆さんから注目されていて気分もよく生きる力そのものが

脳内モルヒネをよく出している、これこそ幼若化率現象なのです。

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

PAGE TOP