チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ改善で長寿に「脳内革命」右脳のささやきに耳を傾ける

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。

「脳内革命」を実行して今は正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



右脳と左脳の活用で人生を上手に生きる

 

左脳はその人が生まれてからインプットされた情報が支配する脳である。

右脳は先祖から受け継いだ遺伝子レベルの情報がある。

この右脳情報こそが感情に支配されない心である。

 

そしてわれわれは先祖から受け継いだ情報を受けて活用し、

それにもかかわらず走り続けるわれわれの情報も付け加えて

子孫に残すのが人間として生まれてきた者の役割である。

 

 スポンサーリンク



 

どんな人間も左脳をつかわないわけにはいかない。

右脳には言語情報がないからです。

 

だから使わないわけにはいかないが、

左脳中心の生き方は先祖脳を無視することでもあり、

これは非常に損な生き方といえるのです。

 

なぜなら左脳中心の人は損か得か、快か不快かに価値観を

おいて生きて行きますから、出てくるホルモンのほとんどが

アドレナリン系の闘争ホルモンで、

いわば緊張のしっぱなしで生きているようなものなのです。

 

たとえば金銭に対しても「せめて今日一日、生きるだけの

お金があればいい」とはけっして思わない。

 

「もっともっと」と果てしなく欲望をエスコートさせ、

闘争ホルモンを出し続けるのです。

そのうえもっとわるいのは、

左脳によって不快な感情に支配されたときです。

 

快の感情の場合は脳内モルヒネが出るからいいですが、

不愉快になったり腹を立てたり、憎んだり、嫉妬しっとしたりすると

アドレナリン系の毒性ホルモンが出てきます。

 

このホルモンを体を動かすことで使ってしまえばいいのですが、

感情だけで不快感をもち、筋肉も使わないと体の中で

活性酸素をつくってしまうことになります。

 

この活性酸素が遺伝子を傷つけ、こわしてしまう。

 

不快の感情で左脳を使わない

 

するとこわれた遺伝子は特殊なタンパク質をつくりはじめるのです。

このようなタンパク質の塊がガンの発生源とも考えられています。

 

高血圧や糖尿病もこのような遺伝子損傷が原因なのです。

とにかく不快の感情で左脳を使わないことです。

 

そして、もっと右脳を重視した生き方が必要なのですが、

いちばん身近で簡単な方法は、

左脳の興奮を少し静めてあげることです。

 

脳内モルヒネの世界はそのいちばん有効な方法といえます。

指標としては脳内モルヒネが出るようなことを積極的に

行なうことです。

 

左脳の興奮を静めてやると、それまで気がつかなかった

右脳のささやきが感知できるようになります。

 

スポンサーリンク



まとめ

右脳は左脳の10万倍の情報蓄積があります。

右脳は先祖脳であり、同時に心の在り処である。

右脳を活用するのが最高の生き方である。

イメージントレーニンをすれば右脳の扉が開き、

脳内モルヒネがどんどん出てきます。

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP