チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」心が科学でとらえられるようになった

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

心が科学でとらえられるようになった

 

人間にはすぐれた自然治癒力があり、その中心になっている

のが免疫機構であることはずっと昔から知られていました。

 

心と免疫力は実は一体のものであった

しかし以前は心と免疫力はぜんぜん別なものと思われていた。

それが実は一体のものであったということです。

このことは「ものをいい方向に考えることじたいが効き目のある薬」

と理解していただければいい。

人間はだれでもその体内に、どんな製薬会社にも負けないだけの、

それはそれは立派な工場を持つているのです。

 

ノルアドレナリンやアドレナリンは悪者ではない

 

心がプラス発想すれば、体内製薬工場では瞬時に

体のためになる薬がつくり出される。

その薬によって、私たちは病気を治すことができるのです。

しかし一つ間違ってマイナス発想をしてしまうと、

体内製薬工場は体にわるい薬をつくり出す。

このことをしっかり頭に入れておく必要があります。

 

ノルアドレナリンやアドレナリンはけっして

悪者ではないということです。

 

人間の体の中で発生するものは、必ずそれなりの目的、

必然性というものをもっています。

 

ノルアドレナリンやアドレナリンはドーパミンの親戚で

人間のやる気や活力の源でもあるのです。

 

 

スポンサーリンク



 

ホルモンが大事なのです。

ただ体の中で、

こんな毒がなぜできるのか、と思われるほど毒性が強い。

その毒蛇に匹敵する猛毒で、いつもイライラするような

世界に入ってばかりいると長生きできないばかりか、

人生がけっしてうまく運ばないのです。

 

心というものが、科学の目で捉とらえられるようになった

 

脳内モルヒネが見つかって、イギリスの科学雑誌

『ネイチャー」にはじめて掲載されたのが1983年。

 

まだそう日がたっていませんが、いままでわからなかった

心というものの正体が、科学の目でとらえられるように

なったのは、大きな進歩ではないでしょうか。

 

たとえば人間には根性のある人とない人がいる。

なぜそうなのか。

これまでは精神論でしった激励するしかなかったのが、

これからはもっと合理的に脳内モルヒネを

出す方法を考えればよいことにもなるのです。

 

スポンサーリンク



まとめ

体が健康な場合は体が欲するものを食べていれば

大きな間違いは犯されないが人間の体は私たちが

思っているほど善良ではありません。

それどころか一歩あやまると、自分で自分の首を絞めるような

行動に出るものなのです。

その証拠がホルモンです。終始イライラ怒ってばかりいる人間に

「あなた、そんなに怒っていたら体に毒ですよ」とは言ってくれない。

人間の体の中で発生するものは、必ずそれなりの目的、

必然性というものをもっています。

ノルアドレナリンやアドレナリンはドーパミンの親戚で人間の

やる気や活力の源でもあるのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP