チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」長寿者に共通するのはクヨクヨしない

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

 長寿者の共通するのはクヨクヨしない

 

しかしだからといって、まったく自由に好き勝手にやって、

長寿は獲得できるものではありません。

 

長生きするポイントを身近なところから言えばまず

食事が第一にあげられます。

 

医食同源の「医」は治療のことではありません

 

このことを東洋医学では「医食同源」といってきました。

この言葉の「医」は治療のことではありません。

 

治療の意味にとれば「病気に効く食べ物がある」と

解釈しなければなりませんが、そうではなく

「食べることすなわち医であり食である」ということです。

 

長生きに役立つのはプラス発想なのです。

「クヨクヨしない」ということです。

それができる人は脳内モルヒネを出すのがうまい。

 

何もむずかしいことに頭を使わなくても、

脳内モルヒネが出るようにすればいいのです。

 

その目安になるのは脳のα波ですが、この状態になるには、

自分が気持ちよくなること、楽しくワクワクすることを思い、

また、そういうことを行うことに尽きるといってよいでしょう。

 

スポンサーリンク



 

毎日忙しくて、なかなかそうした機会を

持てない人に一つよい方法を伝授します。

どんなにいそがしい人でも一日一回は眠るはずです。

この機会を利用するのです。

日常の現実がどうであれ、眠りにつく前に、自分の夢とか希望、

計画を思い浮かべる。

あるいは自分の楽しかった思い出にひたる。

 

心地よい気分で眠りに入ると、脳細胞が活性化するだけでなく、

筋肉にもよい刺激を与え運動したのと同じ効果がえられます。

 

もしひどいストレスがあって、それが頭を離れない場合は、

とにかくひたすらプラス発想してみることです。

 

はじめはきついかもしれませんが、

これが体得できるかどうかが健康と長寿を

獲得できるかどうかの分かれ道なのです。

 

スポンサーリンク



長寿者に共通するのは

・好き嫌いなく、なんでもよく食べる

・量は腹八分と控え目

・動物性のものにたよらず野菜をよく食べる

・よく体を動かす

そのほかに気を付けたいのは、動物性脂肪にかぎらず植物性脂肪も

と取り過ぎないことです。植物油は不飽和脂肪酸が多く、

体内で活性酸素と結びついて体をサビつかせ、細胞膜を傷つけたりします。

植物油はとくにとる必要はないので、できるだけ控えた方がよいでしょう。

まとめ

和食、洋食では和食に軍配があがります。

成人病予防の食事スタイルは日本食が世界でいちばん優れています。

良質なタンパク質を忘れず、塩分の取り過ぎを控えれば、

日本食は最高の長寿食といえます。

すべて老化は血管からはじまります。

糖尿病も痛風も高血圧、動脈硬化も、最終的には全部、

血管の目詰まりの結果引き起こします。

血管の目詰まりを防ぐため筋肉を鍛えて脂肪を燃やすこと。

筋肉は心臓と同じ血流をよくするはたらきがあります。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP