チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」良いホルモン出すか悪いホルモン出すか

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

よいホルモンを出すか、わるいホルモンを出すか

脳内モルヒネは免疫を高める構造式をもっています。

末梢のホルモン系は脳がコントロールしていますから、

脳のほうで免疫力が高まるホルモンが出れば、

体全体の免疫が高まることになります。

 

病気というものは、そのほとんどにストレスが

関係しているというのが今日では常識になっています。

 

病気と名のつく状態の70~90%はストレスが原因といってよく、

成人病では100%がそうだといっても過言ではありません。

 

要するに心と体というのは別物ではなく、心の思い方に

よって体内ではPOMCというタンパク質がこわれる。

 

そのこわれ方によってそれぞれ違った化学反応が

起きていると考えればよいのです。

 

「自分はだめな人間だ」と思えば、体はだめなほうへと向かう。

「たいへんな事態になるぞ」と思えば、本当にそうなるように機能する。

 

 

スポンサーリンク



昔から「病は気から」の格言

 

「病は気から」という昔からの格言は、まったく

そのとうりであったということです。

 

アメリカで発達した願望実現の成功法則では

「よいことを思えば脳からよいホルモンが出る」と

いい替えることが人生を決めるといっていますが、

その科学的根拠はいま一つ明らかではありませんでした。

 

なぜかというと、心というものを物質としてとらえることが

できなかったからです。

 

そのために潜在能力というものの出てくるメカニズムの

説明が、抽象的にならざるをえなかったのです。

 

「心でよいことを思うとなぜ結果が出るのか」と聞かれて、

納得のいく科学的説明は無理だったのです。

 

ホルモンは人間をやる気に

 

いまはそれが可能になりました。

よいことを思えば脳からよいホルモンが出る。

そのホルモンは人間を心地よくし、やる気にさせるだけでなく、

潜在脳がはたらいて自分でも想像できなかったような

能力が発揮できるようになる。

 

しかもつらい体験にへこたれずに、それを乗り越える忍耐力も出てくる。

 

これだけそろえば、おのずと人の抱く願望実現の確率は

飛躍的に高くなって当然と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク



まとめ

私たちは生きている限りストレスを避けることはできません。

いやだ、いやだと過剰に反応して不安や心配すると

免疫力はどんどん落ちていきます。

しかし、自身のない人でも「なるようになるさ」と開き直って

しまうとそれほど免疫力は落ちないものなのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP