チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」病気に無縁な身体をつくるメソッド

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

健康で若さが保てて、病気に無縁なからだをつくるには

 

プラス発想の効果です。

「物事は良い方へ考えるとストレスがたまらないし、

なんでも前向きに取り組んだ方が結果はいい」

 

人から何かいわれても「いやだな」ではなく、「ありがたいな」と

思うと、若さを保ち体を健康にする効果があります。

 

なんでもプラス発想するクセをもっている人は病気に強いのです。

 

良く「心の持ち方」が大事で、そういう人は

めったなことでは病気にはならないのです。

 

それは、脳内には脳細胞を活性化し体を元気づける

よいはたらきのホルモンが出てくるからです。

 

これらのホルモンは若さを保ち、がん細胞をやっつけ、

人を楽しい気分にさせてくれます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

では心の持ち方によって体内に生じる物質とは何んでしょうか。

 

それは一般的にホルモンといわれているもので、

このうち心の持ち方に関係する主なホルモンとしては、

アドレナリン、ノルアドレナリン、エンケファリン、

βーエンドルフィンなどがあります。

 

このようによいホルモンが出るような

生き方をすればいいのです。

 

心掛ける3点セット

 

①食事は高タンパク質で低カロリーのものをとる。

②運動は筋肉をつけて脂肪を燃やす有酸素運動をする。

③瞑想はプラス発想をし30分静かなところでおこなう。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

なんでも前向きに取り組んだ方が結果はいいし、

脳内には脳細胞を活性化し身体を元気づける

ホルモンが出てがん細胞をやっつけるからです。

プラス思考で物事を考えると健康に良いということです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP