チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資で 成功をつかんだサラリーマン投資家Oさん

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク



成功をつかんだサラリーマン投資家の実例

Oさん

年齢:54歳
職業:公務員
家族:独身
年収:700万円
居住:実家
物件所有数:2件
ローン残高:4980万円

不動産投資に興味を持ったきっかけは

以前は株や投資信託で、すぐ売れるものを買っては売るを繰り返し、

少しずつ運用していたのですが、

仕事も忙しく面倒くさくなって運用商品から離れました。

不動産に投資に興味を持ったのは、新聞や電車に乗っているときに

見かける広告がきっかけだったと思います。

初めは流し読みしていたのですが、毎日見かけるうちに

「なんでこんなに掲載されてるの?」と疑問に思うようになり、

調べてみました。

すると、自身のお金をそこまで使わずに運用ができること、

人の資本で自分の資産を築けることが分かり、興味を持ちました。

スポンサーリンク



不動産投資を始めるにあたっての決め手

まずは業者が有名ということですね。

会社によく電話はかかってくるのですが知らない業者が多くて、

いくら興味を持っていてもそういう業者とはお会い

したくないなと思っていました。

たまたまセンチュリー21という聞いたことがある会社

から資料請求の案内があったので、

資料請求してお会いしました。

話を聞いてみると、儲け話というよりも年金対策や

生命保険の代わりになること、節税できること、

インフレ対策になるといったさまざまなメリットに魅力を感じました。

独身ということもあり少し貯蓄もありましたが、

現金で持っていても昔と違って増えることもないので、

頭金を少し入れて運用しようと思っていたのと、

紹介された物件が非常に場所にこだわっており、

将来は自分も住みたいと思えるマンションだったので

投資をすることにしました。

 

 

スポンサーリンク



 

まとめ

ワンルームマンション投資で知識ゼロ

・経験ゼロの未経験者から投資経験の浅い初心者でも
これからの人生が大きく変わります。

ポイントは如何に早く気づいて実行するかです。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP