チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


NHK大河ドラマ西郷どん 大久保の計画それは西郷以外にいない

こんにちは
WordPress見本市ブログです

明治維新から百五十年を記念して

林真理子のNHK大河ドラマ西郷どん

歴史学者磯田道史に勧められて

見事に書き上げた原作の

最高視聴率は15,5%

 

スポンサーリンク



 

西郷の利用

 

二百六十一藩を廃止し徴税権と軍事力とを取り上げ、

県を置き政府が任命する県令を配さなければならない。

 

それには相当な抵抗が予想され、下手をすると大混乱をきたし、

不平士族らの反乱のきっかけともなりかねない。

 

そして戊辰戦争以上の内戦に発展しないともかぎらない。

廃藩置県は一挙に行う必要があり、

ある面でクーデター的要素があった。

 

この計画は三条実美や岩倉具視にさえ伝えられず、

大久保、木戸、山県有朋、井上馨らで進められた。

 

全国には百五十万人の職を失った士族があふれている。

新政府は兵力はなく財政も乏しい。このような状況の

中で無謀とも思える計画を実施しようというのである。

 

大久保はこの計画をスムーズにかつベストの

状態で成功させる方策を考えた。

それは西郷にやってもらう以外にない。

 

幕末動乱を薩摩藩軍を率いて戦い、征東軍大総督府参謀として

官軍を指揮し戊辰戦争を戦い、士族に絶大な信頼と

人望のある西郷を前面に立てれば、不平士族も

むやみに抵抗はしないであろう。

 

薩長土肥の兵力の中でも圧倒的な兵数を誇る

薩軍が中心になるであろう。

それをまとめ動かせるのは西郷以外にはいない。

 

 

スポンサーリンク



「西郷隆盛」というブランドを利用

長州の兵も奇兵隊が反乱を起こすようでまとまっていない。

そういった意味では、廃藩置県を実行に移す代表者は

大久保であってはならず、まして木戸であってはならなかった。

 

結局は鹿児島に引き籠もっている西郷を無理矢理引っ張り出し

政局に復帰させて、「西郷隆盛」というブランドを利用して

廃藩置県を行うことがベストの選択肢となった。

 

そこで政府は1870年(明治三年)十二月勅使として

岩倉具視を鹿児島に向かわせ西郷に上京の勅命を伝えた。

西郷は政府の政策すべてを一任する条件で

岩倉に同行した大久保と山県は西郷に廃藩置県の

主旨を説き、上京するよう説得した。

 

西郷は政府の政策すべてを一任するという条件の

もとに応諾し、1871年(明治四年)一月上京し

太政大臣三条実美と会い、薩長士三藩の兵を

東京に徴集することを決めていったん帰国する。

 

四月知藩事忠義とともに歩兵四大隊と砲兵四隊を

率い再び上京する。

 

二月十三日、薩長土に御親兵招集の命令が下り、

初めて政府直属の軍隊一万(薩摩藩歩兵四大隊・

砲兵四小隊・土佐藩歩兵二大隊・騎兵二小隊・

砲兵二隊・長州藩歩兵三大隊)が誕生し

東京に集結することになった。

 

スポンサーリンク



 

 

まとめ

 

西郷は政府直属の軍隊一万を集結し

廃藩置県を行うことに応諾した。

政府は士族に絶大な信頼と人望のある

西郷に頼りそれを利用したことである。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP