チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


NHK大河ドラマ西郷どん 「西郷像は永遠に」明治維新の主導者の一人

こんにちは
WordPress見本市ブログです

明治維新から百五十年を記念して

林真理子のNHK大河ドラマ西郷どん

歴史学者磯田道史に勧められて

見事に書き上げた原作の

最高視聴率は15,5%

 

 

スポンサーリンク



 

西郷は一切の弁明や弁護をしていなかった

 

西郷隆盛は「西郷さん」の銅像もあり多くの方が知っている。

日本の歴史上最大の変革ともいえる明治維新の主導者で、

大久保利通や木戸孝允と並び維新の三傑と言われています。

 

また、明治政府による維新の論功行賞で

大久保や木戸が賞典禄千八百石であったのに対し

西郷は二千石で、当時において独り抜き出で評価されていたのです。

 

スポンサーリンク



西郷は西南戦争で賊軍の大将で死す

 

しかし、西郷が明治政府にいたのは二年余りです。

明治六年征韓論争で下野し鹿児島に帰ってからは、

中央政府に戻ることはありませんでした。

 

そして明治十年の西南戦争で賊軍の大将として

死んでしまったのです。

明治政府に反乱を起こしたとして賊名を着せられ、

西郷の賊名が解かれたのは十二年後の明治二十二年のことです。

 

西郷は討幕維新の実績とその言行により「大胆識」

「大誠意」「大度量」の人と評価され、英雄的風貌と

あいまってそのようなイメージが定着しています。

 

西郷の多くの伝記や評伝も、このイメージが基本と

なって描かれています。

征韓論争にしても何十年も変わらない定説が現在でも論じられています。

 

しかしながら、『西郷南洲遺訓』を何度も精読していると、

はたして西郷はそれのみの人物であったかと思えてくるのです。

 

『遺訓』には

西郷の人生観、哲学、思想、国家観が述べられています。

歴史家や学者の方がこの『遺訓』をもとに西郷を

研究してくれたら、今までの通り一遍の西郷像とは

少し違う西郷像になったのではないかと思います。

 

スポンサーリンク



まとめ

西郷は征韓論や西南戦争について西郷は一切の弁明や

弁護をしてませんでした。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

コメント

PAGE TOP