チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


脳幹を鍛えるトレーニングは、すぐに慣れて乗れるようになります。

見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

NKクッションの活用での変化

 

【NKクッション】に乗り始めた人が、小さな事をクヨクヨ考えなくなったり、
どうでも良いと思うようになったという人が、多くいます。

 

スポーツ選手を考えると、クヨクヨ考えたり、暗く陰気な性格の人がいません。

 

人間は動物です。体を動かす事で、体の機能が働くようになっています。

 

スポーツが好きで、いつも体を動かしている人こそ健康な人だと思って、
間違いないでしょう。

 

ガン・低体温・無表情・無感動・自律神経失調症・自閉症・登校拒否

・過食・摂食障害・アレルギー性鼻炎・花粉症・アルコール依存症

 

・車酔い・船酔い・高山病・同性愛・性欲が起きない

 

・結婚の意思がない・行動力が無い・などその根本的な大きな原因は
「脳幹虚弱である」と断言できるような気がしています。

 

昔には無かったような数多くの問題は、体を動かさない事に
よって起きた”脳幹虚弱が原因のように思うのです。

 

これらの病気は、後進国には見られないそうです。

 

脳幹トレーニングと体幹トレーニングの違い

 

脳幹トレーニングと聞くと、体幹トレーニングと
勘違いしてしまう人が多いようです。

 

体幹という言葉を調べると、指導者によって様々な
説明がなされていますが、明確な定義はありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

筋肉研究の第一人者・石井直方先生は、
体幹を『腹腔を囲む部分』と定義しています。

 

腹腔とは、人間の骨格の中でお腹の部分を言います。
胃腸など、腹部臓器を収めている部分です。

 

骨がないので、体壁や筋肉が内蔵や体を支えています。

 

これらの筋肉は、いわゆる「体幹深層筋(インナーマッスル)と
言われ、腹腔を上下左右から囲んで内蔵を支え、
また腹圧を高めることで背骨を支えています。

 

脳幹は、大脳の下の部分にあり、神経の塊です。

 

系統発生学的に、最も古い脳であり、心臓を中心とした血液循環

 

・血圧調節・体温調節・血糖調節・水分調節・呼吸・嚥下といった

 

”生命活動の基本”を司る中枢で、神経の伝導路です。

 

自律神経など、全ての神経をコントロールする”免疫力の指令塔”です。

 

目の瞳孔も脳幹が支配しており、脳幹の死をもって人間の死と判定されています。

 

この脳幹機能が衰えると、血液・血圧・体温・血糖
・水分・呼吸・嚥下等が、正常に行われなくなります。

 

神経とは、神という文字が使われている。人体の機能は、神経を通じて
動かされていて、食べた後も、神経の関与しない所はありません。

 

人体の機能は、人間の意識では自由にできない。
神経の塊である、脳幹に支配されているのです。

 

脳幹トレーニングを行う事で、脳幹が正常に働くようになれば、
体に起きた各種の異常が正常に戻ったとしても、

 

それは当然の結果なのです。自分の脳幹が、体の異常を元に戻しただけです。

 

人間の脳幹は、パソコンで言えばハードディスクです。パソコンが動かなく
なれば、ハードディスクを交換すると噓のように元に戻ります。

 

人間の場合、脳幹の交換は不可能ですので、脳幹を鍛える事で、
脳幹の働きが元に戻り、あらゆる体の異常が消えているのです。

 

運動をしたり、歩いたりする事で、健康を取り戻している人達が多いのは、
体を動かす事によって、脳幹のが機能するようになった結果なのです。

 

ただし、軽い気持の場合は良いのですが、ガンのような重大な病気の場合には、
より効果の高いトレーニングが必要になると思われるのです。

 

NKクッションの乗り方

 

何のために、クッションに乗っているのか?と言えば、
脳幹を鍛える為のトレーニングです。

 

同じクッションを使っていても、自分で色々と考えながら
努力する人と、全く努力しない人では、大きく結果が違ういます。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP