チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資 成功の秘訣 不動産は担保価値がある

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンション投資の知っておくべき基礎知識

融資を受けてマンションを購入する

第一段階で重要になってくるのは、

「レバレッジ」について正しく理解することです。

レバレッジとは「てこ」という意味です。

手持ち資金が少なくても、金融機関からの融資を受けることで、

自己資金の何倍もの資産を動かして、

大きな利益をあげることができます。

一般に、

資産運用をする場合、元手の大きさとリターンは比例します。

たとえば株の信用取引や外国為替証拠金取引(FX)なども

レバレッジを効かせた取引が可能ですが、

それも担保にできる自己資金があってのことです。

なぜ不動産だけが自己資金なしでも融資を受けられるかといえば、

不動産自体に担保価値がある上に、毎月の家賃収入を返済原資にでき、

いざという時には、オーナーの本業収入からの返済も可能なので、

破綻リスクが非常に低いととらえられているからです。

 

スポンサーリンク



 

自己資金が少なくても、資産価値の高い新築マンションの場合は、

有利な条件の提携ローンが利用しやすく、

高いレバレッジ効果が期待できます。

不動産投資は、まずこの「融資」と「レバレッジ」という考え方を

しっかり抑えた上で始めることが重要なのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

まとめ

現在はマイナス金利政策の影響で、低金利の融資を

受けて収益物件を購入できるというのも大きな利点です。

低金利で長期の融資を組めれば、毎月の返済額が

抑えられるので、オーナーの持ち出しはゼロかごく少額。

毎月の入居者からの家賃で自動的に返済が進んでいきますので、

自分のは何もしなくても他人のお金で資産が構築できます。

売却価格が残債を上回るラインまで到達すれば、

いつ売っても損はしません。

ローン完済まで持ち切れば、その後は文字通り

「不労所得」を毎月得ることができます。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

PAGE TOP