チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資 成功の秘訣  京都のワンルームマンション

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク



 

 

京都は多くの人が住みたい街で資産価値が高い

マンションの資産価値は立地に大きく左右されるので、

「マンション選び」は「街並選び」であるとも言えます。

 

京都は観光客が多いだけでなく、定年退職後の

安住の地としての需要もあります。

京都の成熟した生活環境や美術や食文化の中でゆっくりと

老後を送りたいと考える人が国内にはたくさんいるのです。

 

特に関西圏では「京都」ブランドの価値は絶大で、

幅広い年齢層から憧れの地であるといった支持をえています。

2015年には、京都市内に建設された新築マンションの住戸が

西日本過去最高額の7億円で販売され、

即日完売したというニュースが世間をにぎわせました。

大手財閥系の一室280㎡ほどの超高級分譲マンションです。

京都の中でも鴨川沿いなど一部の人気地域は特にブランド力が高く、

以前から高額で取引が行われていました。

 

スポンサーリンク



 

 

物件が出たら押さえておく

実際に自分が住まなくても、「いい場所にいい物件が出たら、

とにかく押さえておく」といった国内外の資産家の

セカンドハウス的な需要が根強くありす。

桜や紅葉等、四季折々の自然の美しさを身近に感じられ、

一年を通してさまざまな祭事やイベントが開催されるため、

住んでいて飽きることがありません。

1200年の歴史に培われた、唯一無二の「京都に住みたい!」

という希望者は、増えこそすれ、今後も減ることはないです。

高い入居率で長期保有

 

そして共通しているのは「京都という街が好きだから、

京都の物件を選んでいる」ということです。

どうせ不動産を買うなら、やっぱり京都がええね」という

感覚がベースにあるのです。

京都で収益物件を持っている投資家は、長期保有が多いのも特徴です。

これは、京都が好きで愛着があるからという理由もあるでしょうが、

一番大きいのは「手放す理由がない」からでしょう。

京都物件は入居率が高く安定稼働するので、

持っていれば家賃が入りますし、何も困りません。

また、不動産投資家にとって他のエリアの物件と比べて

リスクが低く、長期保有しやすいエリアといえます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

まとめ

 

京都市は、日本で一番大学生人口割合が高く国内有数の経済圏、

京都に多い単身世帯と空室リスクの低さこそ、

京都不動産の最大のメリットでです。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP