チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資 成功の秘訣 不動産投資の穴場

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク

 


 

 

今、不動産投資の穴場は京都

 

東京・大阪・福岡などの大都市圏には投資に適した利回りの物件がない、

かといって高利回りの地方物件ではリスクが高すぎるー。

そんな状況の中、にわかに「不動産投資の穴場」として

注目を集めているのが、大都市でありながら

今まで投資先としては隠れた存在であった京都です。

なぜ京都は「不動産投資の穴場」なのか?結論から言えば、

それは「旺盛な賃貸需要に対して、

供給されるマンションが不足しているから」です。

つまり常に「需要」が勝っている状態にあります。

地方物件に見られる「空室」や「賃料の値下がり」によって、

想定よりの賃料が入ってこない状況に陥ることです。

結局、不動産投資を検討する際の判断の要は

「その物件を購入した場合、本当に継続的に想定家賃で

入居があるのか?」に尽きます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

京都が投資に有利な理由として「空室リスクが少ない」

という点を挙げています。

その根拠として、空室率のデータを提示して

他都市と比較できれば一番なのですが、実は空室率は

正確に測るのがとても難しいものなのです。

なぜかと言えば、まず空室率の分母になるストック数

のデータが存在していません。

建物や部屋数は数えられますが、それが居住用か投資用か、

募集中か否かを正確に把握するためには、

全ての賃貸業者からデータを取り、

管理戸数と空室率を把握する必要があります。

そのデータを管理するものがないので、調査会社に

「京都市全体の空室率を出してくれ」とオーダーしても、

こちらが期待するようなデータは出てこないのです。

 

京都ならではの住宅事情、つまり学生や企業による

単身者用住宅需要の多さと、厳しい建築規制による

物件供給の少なさをデータとともに紹介することで

「京都市は空室が少なく、不動産投資に有利」

であることを伝えます。

スポンサーリンク



 

 

まとめ

 

東京・大阪・京都。どこで投資しても、

得られる家賃や利回りに大差はないかもしれません。

しかし実際には、東京や大阪では競争が激しすぎて良い物件は

手にしにくいし、空室や家賃の値下がりリスクを勘案すると、

長期的な利回りの低下は避けられません。

 

一方、京都不動産には需給の面から見てもまだ投資妙味が

ありますし、他の都市部との比較で見ても、

その賃貸の安定性は群を抜いています。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP