チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資 成功の秘訣 圧倒的投資の魅力

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

誰も知らない!今注目されている 京都に圧倒的投資の魅力

近年、不動産投資人気が加熱しています。

融資条件の緩和により一部の富裕層や地主だけでなく、

これまで物件の購入が難しかったごく普通の

サラリーマンにまで投資家のすそ野が拡大。

 

将来の年金不安から資産運用、いわゆる財テクの必要性を

感じている人が増えており、給与の他に毎月の家賃収入が得られるという

魅力的なフレーズに惹かれて、不動産投資を始める人がふえているのです。

しかし、ブームが起きればプレーヤーがふえ、競争は激化していきます。

東京オリンピック・パラリンピック開催が決定して以降、

地価ならびに人件費・資材コストの高騰による建築コストの増加で、

東京のマンション価格は高値水準(2015年首都圏新築マンション

一戸平均価格5183万円、東京カンテイ調べ)に到達しています。

一方で、賃料水準は大きく変動していません。

東京以外の都市でもこうした動きは同じです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「不動産投資と収益物件の情報サイト健美家」が発生した

2016年4~6月期の市場動向レポートでは、東京、関西、東海、九州の全てで、

2014年からの2年間、投資利回りは下がり続けています。

それでも都市部の物件が依然として人気なのは、

人口が集中しているため空室リスクが比較的低いこと、

そして相続対策や節税目的で購入する層が多いことなどが理由です。

一方、都市郊外や地方の物件は低価格で表面利回りが高いものの、

全国的な人口減少傾向および都市部への人口集中が止まらないなか、

空室リスクは今後も高まる見込みです。

都市部の物件は利回りが低く、地方の物件は空室リスクが高い

このような状況では、不動産投資による資産形成は相当にハードルが

高いと思うのは、致し方ないかもしれません。

京都は高さ制限があり条件面が厳しいためマンションの数が少いため

京都のマンション投資ならば高い利回りと入居率の両面が可能で、

個人投資家が無理なく資産を形成できるということです。

京都不動産は、これまで不動産投資の対象としては取り上げられる

ことがほとんどなく、いわば手つかずに近い状況にありました。

その理由には、京都ならではのひときわ特徴のある

不動産事情が関係しています。

そもそも京都不動産は市場流通、供給量自体が多くありません。

なぜなら日本を代表する観光都市である京都は、

歴史ある街並みを保全していくための厳しい京都市景観条例で

守られているからです。なかでも高さの規制が厳しいため

東京や大阪のように高層マンションが建設できない上、

外観にも京都の景観に合うデザインを求められるなど、

新築マンション開発が非常に難しいのです。

そのため、ほとんどの投資家は京都不動産が

どのようなものか知らないままでいます。

しかし、流通や供給数が少ない分、物件の資産価値や家賃が高く

保たれ空室率も低いなど、投資対象としては他の都市の物件を凌ぐ

メリットを有しているのが京都不動産であり、

手に入れることさえできれば高い資産価値と安定収益が期待できます。

スポンサーリンク



 

 

まとめ

不動産投資の魅力は、

短期売買でキャピタルゲイン(転売益)を得ることではなく、

資産価値の高い物件を長期保有して安定したインカムゲイン(家賃収入)で

資産形成をしていくことです。

収益不動産の資産価値は、その物件の存在する街の

魅力によって大きく左右されます。

1200年以上もの歴史を誇り、日本のみならず海外からの観光客をも

惹きつけ続ける京都は、今後も歴史を重ねるごとに

古都としての価値を保つことがほぼ確実であり、

その点でも非常に安心できる投資先だといえます。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP