チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資 成功の秘訣 私設年金がわりになるワケ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

「私設年金」がわりになるワケ

長期安定収入が期待できるということは、

将来の生活不安を解消することにもつながります。

最近は公的年金が当てにできないだけでなく、

会社の退職金も危うくなるとも言われています。

現役時代に資産形成をしておかなければ、老後に破たんしかねないです。

たとえば30歳でワンルームマンションを購入するとどうでしょうか。

自己資金がなく、ほぼ全額ローンを組んだとします。

それでも、低金利なら家賃でほぼローン返済ができるので、

持ち出しがあったとしても気にするほどの金額にはなりません。

仮に35年返済でローンを利用すると、65歳の時点で完済できる計算です。

最近は会社を定年したのちも働ける環境が整いつつありますが、

確実とはいえません。仮に再雇用されても、現役時代と比べると

給与の額が大幅に下がるのが一般的です。」

「生命保険」のかわりになるワケ

ローンを利用している間は不動産投資が生命保険

代わりになるというメリットもあります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

一般的に住宅ローンを組むと団体信用生命保険に

加入することになります。

これは、ローン返済者に万が一のことがあった場合に保険会社が

返済を肩代わりしてくれる、という補償が付くものです。

もしもの時にはローンの完済された不動産が遺族に残り、

遺族は不動産収入をその後の生活に利用することができます。

つまり、不動産価格と同じ生命保険に加入していたのと

同じ効果が得られるのです。

 

すでに生命保険に加入している場合には、

不動産価格の保障を減らし、保険料負担を減らすこともできます。

また生命保険の場合、支払った保険料はほとんど

掛け捨てになってしまいます。

しかし、不動産投資で生命保険と同様の効果を確保すれば

掛け捨てにはなりません。

いずれローンの支払いが終われば、不動産という資産が手元に残ります。

このように考えると、不動産投資をするのであれば、

できるだけ早く始めた方がいいことが分かります。

定年退職までにローンを完済して、その後の賃貸収入を

年金代わりに活用するためにも、早いうちにローンを組んだ方が

毎月の負担が減り、その分を生活に回すことができます。

生命保険の観点からも、若いうちに購入するのが有利です。

早くから不動産投資を生命保険代わりに利用すれば、

その分の保険料を節約することができます。

長期安定収入が期待できます

投資でありながら長期で安定収入が期待できるのは、

不動産投資以外に見当たりません。

これは家賃が収益源になっているからです。

 

 

スポンサーリンク



 

まとめ

<家賃の特徴>
・毎月支払われる
・相場が急に変動することはない
・相場は物価に連動する

このような特徴を持つ家賃を収益源にしているため、

安定収入が確保できるのです。

しかも家賃は物価に連動しています。

将来インフレになれば、家賃もそれに合わせて上がるので、

目減りすることはないのです。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP