チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」右脳を使う文科系の人が長生きする 

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



右脳を使う文科系の人が長生きする

 

運動選手は見るからに頑強そうで、人一倍健康そうに見えます。

また鍛えられた筋肉は美しくさえあります。

彼らの肉体はハードなトレーニングによってつくられています。

しかし、そのトレーニングによって確実に活性酸素の

害をこうむっていることを指摘する人はめったにいません。

 

スポーツ医学をやった人にはわかりますが、彼らは見かけは強そうでも、

けっして肉体的に健康とはいえないのです。

むしろ不健康だといって良いかもしれません。

 

その証拠に一般の人はけっこうハードな仕事をやりながらも、

ちゃんと定年の60歳まで勤めあげますが、

スポーツを職業とする人で60歳まで

現役などという人は見あたりません。

 

プロ野球も30歳を過ぎればベテラン、

40代の現役はまれな存在です。

マラソンなどは20代が盛りで、これも40代は無理です。

相撲も20代中心です。それだけではありません。

 

スポーツ選手は一般人にくらべると、肉体の故障が多く

平均寿命も短いのです。

 

ただ彼らはそれによって名誉やお金を得ているのですから、

肉体を痛めることは覚悟のうえだし、それはそれでよいわけです。

 

しかし一般人が彼らのまねをすることは

愚の骨頂といわねばなりません。

 

最近は素人マラソンがはやりで、一般の人もよく走っていますが、

好きで体の犠牲もいとわないわないというのならけっこうですが、

もし健康のために、というのなら「おやめなさい」と忠告します。

 

スポンサーリンク



精子、卵子は活性酸素の害を受けやすい

 

素人のマラソンは百害あって一利なしです。

女性のマラソン選手などは、それで青春を燃焼し、

一つの人生をかたちづくる意味では、

それなりの選択肢ではありますが、

ふつうの意味での女の幸福はむずかしいはずです。

 

なぜならほとんどの選手が生理不順になるからです。

生理があっても無排卵が多い。

精子、卵子は活性酸素の害を受けやすい。

 

過激なスポーツをやる選手は、子供が産めない。

産んでも奇形が多いといったマイナスを

こうむる確率が高いのです。

 

男子の場合でも無精子というのが多く見られます。

運動のし過ぎがよくないことは、明らかです。

 

体を鍛えて筋肉もしっかりついているのに、

体育系が早死にするのは、それだけ活性酸素の

被害が大きいということです。

 

文科系と理科系では文科系のほうがやや長生きしていきますが、

これは理科系が理論計算などで

左脳を使うことが多いためと思われます。

 

脳内モルヒネは右脳優位で出てくるものですから、

右脳を使うことが多い文科系がいちばん長生きしている。

 

長生きするには筋肉をつくらなければだめですが、

使いすぎるのもまただめということです。

 

スポンサーリンク



まとめ

筋肉には筋緊張性繊維というのがあり、これは脳の視床下部という

ところにつながっているので、この筋肉が刺激されると、

脳内モルヒネが出ていていい気持ちになります。

運動する人が運動中に幸福感に満たされるのは、

この筋肉を使うからなのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP