チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


電話de詐欺 これで防ぐ!! 被害者の体験記事 女性 65歳

お知らせ
こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はこの振込み詐欺見張り隊を取付けました。

電話de詐欺を自動で防いでくれるのです。

この機器をご紹介しますね。

 

被害者の体験記事

女性、 65歳

私は、長男と信じた男に大切なお金をだまし取られました。

今でも見事に騙されたことが悔しくて忘れることが出来ません。

私は主人と次男の三人で暮らしていて、長男は別居しています。

良い人との交際しかなく、人を信じる気持ちが強い方で、

友人達には「あなたは人が良すぎて騙されやすい性格だから気をつけてね。」

とよく言われていました。

スポンサーリンク



私は、世間で言う「振り込め詐欺」というのは、被害者が騙されて

銀行などでお金を振り込んでしまうパターンしか知りませんでした。

私の場合は長男がお金に困っていて、本人が取りに来る。

この電話は決して振り込め詐欺ではないと思っていました。

私は、振り込め詐欺なんかで何で騙されるんだろうと

不思議に思っていましたし、

自分は絶対騙されることはないと思っていたのです。

夫も次男も仕事に出かけているので、

日中はいつも私が自宅で家事をしています。

昨年の八月下旬ころ、家に電話がありました。

息子とは言わず、その男は「どこからか電話が

かかってこなかった?」というようなことを言ったのです。

私は何故かこの男の人を長男だと思ってしまったのです。

少しして二回目の電話では食堂に部長のカバンを忘れた。

カバンの中には自分の携帯電話をいれていた。

その時、長男の声と少し違っているなと感じたので、

そのことを言ったら、

その男は今、部長の携帯電話を借りて話しているから、

声が変わって聞こえる。と言ったのです。

私は他人の言うことを信じる性格なので、何の疑いも持たず

その言葉を信じて相手の男の人を長男だと思い込んだんです。

そして部長の電話番号を」メモして、折り返しはこの電話にして。

と言ってきました。

今思えば、この時点で電話の男を本当の長男と信じ込ませて、

本当の長男の携帯電話に連絡させないように、

私をまんまと罠にひっかけたのです。

そして相手の男は「カバンのなかには、大事な契約書と

会社のカードが入っていた。会社には言えない。

今日中にお金と契約書が必要だ。

今、部長が母親にお金を用立ててもらっている。

部長ばっかりに迷惑をかけられないので、

自分もなんとかしたい。

お母さん、お金用意できる?」と言ってきたのです。

私は、長男が大きな失敗して、

とんでもないことになってしまっている。

もしかしたら会社をクビになってしまうかも知れない。

長男の人生が終わってしまうなどと悪いことばかりが頭の中を

ぐるぐる回りだしたのです。

そして、私自身がとんでもない災難に巻き込まれて

しまったかのような錯覚に陥ったのです。

私が何としても長男を助けなければならないし、

助けるなら今しかない。

振込め詐欺見張り隊新117

接続図

 

お金を用立ててあげようという気持ちが強く強く起きたのです。

騙されてるなんていう考えは微塵もありませんし、

夫や次男に相談する余裕など全くありませんでした。

私は、五百万だったら用意できると長男だと信じた男に伝えました。

すると、部長という男の人がお母さん、

ご迷惑をかけてすみません。

自宅まで、息子さんと二人で行きますと言ってきたのです。

長男と部長がお金を取りに来るというので、

更に何の疑いも持たず、

早くお金を引き下ろしに銀行に行かなきゃと思ったのです。

犯罪に抵抗力のない純情なわたしのような年寄りを騙すなんて、

彼らにとってお茶の子さいさいなんですね。

悔しい・・・銀行の窓口で、お金を降ろす時に女性職員二人から、

「今詐欺が流行っています。

大丈夫ですか?」ときかれ、さらに

「チエックシート」でも確認されました。

その時、私は親切に声をかけて掛けて

くれたことに嫌な思いはしていませんでしたが、

今のご時世、大金を下ろすのも厳しいなという

思いがしました。

 

 

スポンサーリンク



 

私は、早くお金を下ろさないといけないという気持ちが強かったので、

銀行員に海外旅行に行きます。それに兄が倒れたので、

少し用立ててあげます。と咄嗟に噓をいいました。

家に帰ってから、部長の携帯電話にお金を用意

できたことを連絡しました。

部長を名乗る男は息子さんは契約書を作成して

いて忙しくて受け取りに行けないから、

代わりに別の者を取りに行かせます。

と言いました。私は、この時にも変だなとは感じませんでした。

しばらくすると、長男を名乗る男からの電話で受け取る人が家が

分からないので、近くの小学校の正門まで来て。

と連絡がありました。

私は、言われた小学校の正門に行くと男のひとが待っていたので

その人にお金を渡しました。

五百万という大金を渡した時には、これで長男が助かるんだ、

母親としての務めを終えたんだと言う安堵感がありました。

しかし、その日の夕方に本当の長男に電話をしたら、

騙されてしまったことが分かったのです。

その瞬間、「アー騙された。どうしよう!」目の前が真っ暗にになり

息が出来なくなってしまいました。

警察に被害届を出しましたが、簡単には犯人は捕まりません。

お金は戻って来ません。

騙し取られた五百万は七年に及ぶアルバイトでコツコツ貯めたお金です。

老後はこの五百万と年金を頼って何とか暮らしていこうとしたお金なのです。

お金がなくなった事で、老後の計画がすべて狂ってしまいました。

私の年齢で仕事を探そうとしてもなかなかありません。

辛くて、苦しくて夜も寝れない日々が続き情緒不安定になりました。

そして、いっそのこと首を吊ろうかと一人で悩む日が続いたのです。

私が落ち込んでいる姿を見て、夫や長男、次男が気を遣ってくれたお陰で、

心が落ち着いてきて、今は何とか普通の生活ができるようになりました。

家族の絆が私をあ救ってくれたと感謝しています。

今回のことで、振り込め詐欺から自己防衛するには、

家に自分一人しかいない場合、

まずは冷静になり一人で動かないこと。

家族に相談する事が大事だと思いました。

又、おかしな電話と気ずくように、電話番号を表示する電話機に替えます。

電話番号を表示しない怪しい電話に出るつもりはありません

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

(まとめ)

 

振込め詐欺見張り隊新117

変な、電話は断る。と決めておく。

変わりはないかと子供、息子、孫、に

電話de詐欺の話題にすのも防止策になります。

明日は我が身を忘れずにしたいと思います。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP