チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ改善で長寿に「脳内革命」右脳を活用するポイント早わかり

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。

「脳内革命」を実行して今は正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



右脳を活用する四っつのポイント

 

①プラス発想する

②筋肉を使う

③瞑想をする

④食生活に注意する

とにかく右脳のささやきに耳を傾ける気持ちを持つことです。

ほうっておけば私たちはどうしても左脳中心に生きてしまう。

 

それじたいはわるいことではないが、人間らしい最適生存はできない。

左脳中心では自分で自分の命を削るような生き方になってしまうのです。

 

右脳を活用する四っつのポイントは、

 

まず第一に、「プラス発想を身につけること」です。

要するに「何事もよいほうに考えてみる」ということを

習慣化すればよいのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

第二にストレス体操などで「もっと筋肉を使う運動をすること」です。

運動の大切さは今日では常識になっていますが、

運動の仕方を間違えている人が多い。

 

いくら運動しても正しい筋肉の使い方でないと、

かえって体を痛めてしまうことになります。

筋肉を使うことによって脳内モルヒネも出てくるのです。

 

第三はあなたの生活に「瞑想の習慣を取り入れること」です。

瞑想が生活の習慣になれば、あなたはいつでも脳内モルヒネの

出る世界に入ることができるようになります。

そのとき右脳はあなたに知恵のエッセンスを与えてくれます。

 

第四に「脳に栄養を与える食事をすること」だと思います。

脳内モルヒネは体内でつくられる物質であり、

その素材がタンパク質だからです。

食生活を誤ると、知らず知らずのうちに老化を促進し成人病を誘発する。

 

これは右脳がはたらいていない証拠だといえるのです。

右脳を活用するのが最高の生き方である。

 

スポンサーリンク



まとめ

右脳人間になるには四っのことが実践できればなれるのです。

プラス発想を身につけることと何事もよいほうに考えてみるを

習慣化すればよいのです。

筋肉を使う運動をして脳内モルヒネを出す。

瞑想を生活の習慣にして脳にタンパク質の栄養を与える食事をすることです。

右脳人間になれば、人生はあらかじめ定められた

本来の方向へと自然に動き出します。

 

その世界はどこまでも喜びに満ちあふれているはずです。

 

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

PAGE TOP