団塊世代61才から始める老いても枯れない生き方・50代にこそ読んでほしい

 

 

 

61才から始める老いても枯れない生き方

 

残りの人生のこと、持病のこと、お金のこと、家族のこと、

身の回りの整理のこと、すべて不透明!

 

しっかり、明るく、生きなければならないのは、むしろこれから

ですよ堂々たる『悦楽60代』へ!

 

「定年退職、あとは枯れるだけ?]

 

 

私は間違っていました

 

61歳で妻と死別、ひとり娘の結婚、しんぞう・胆嚢の大手術、消耗の再婚活動、

ゴルフ開眼、再婚成就・・・悲しいこと、嬉しいことを経て、

 

今の悦楽と元気で幸せの日々若い世代や家族への負担・迷惑を最少にし、

そんな「老いても枯れない」生き方のルールとヒントがいっぱいです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

60代はもちろん50代にも読んでほしい。

 

著者略歴日向野 利治(ひがの としはる)のプロフィール

 

 

1939年生まれ。放送局で働きながら、

早稲田大学政治経済学部に入り4年間で卒業。

 

政党機関紙の記者に転身し、政治部次長、報道部長などを経て、

48歳で文筆家として独立。

 

明日香出版社では創業時から石野誠一社長(当時)との知己を得て、

経済、金融、不動産、自己啓発などの分野で多くの著作を出版。

「マンガ版生まれてはじめて株をやる人の本」は14万部のヒット。

以来、著作は350冊を超える。

 

全国で講演活動を行い、海外でも「時間を10倍生かす方法」で

韓国のソウルなどで講演を行う。

 

シニア問題評論家、経済評論家、不動産問題評論家。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました