チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


団塊世代電話de詐欺 被害半減、船橋市の「警告・録音機能」購入補助に効果

電話de詐欺 被害半減

 

振り込め詐欺など「電話de詐欺」の多発地帯とされる船橋市で

今年に入ってから、被害が半減しています。

 

詐欺グループに狙われやすい高齢者らの防犯意識が高まったことや、

船橋市が昨年9月に導入した「警告・録音機能付き電話機」の

購入補助制度の効果があったとみられています。

船橋市の「警告・録音機能」購入補助に効果

 

東京に近く、鉄道網が発達している船橋市は昨年の上半期、

電話de詐欺の被害件数が県内最多となったため

 

船橋市は、市内の2警察署と「非常事態」を宣告するとともに、

9月から被害防止の電話機購入補助を始めました。

 

補助の対象は、電話がかかってくると、ベルが鳴る前に「会話を録音する」

という内容の警告が流れる機種で。犯人に電話を切らせる狙いだ。

 

65歳以上の市民に対して、1万円を上限に購入費の4分の3を補助しました。

 

補助制度が始まる前の昨年1~8月、市内で発生した電話de詐欺の

被害件数は140件、被害額2億6356万円となり、前年同期を40件、

1億148万円上回っていたのです。

 

しかし、9~12月は67件、8603万円にとどまり、

前年同期比と比べて26件、2995万円減りました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

今年に入ってからは減少に拍車がかかり、

1~4月の被害額も6152万円減の6723万円となったのです。

 

補助を受けたのは1557世帯(5月末現在)で市内の

高齢者世帯数(約10万5000世帯)の約1,5%だが、

 

市は「警告・録音機能付き電話をPRしたことで、通常の電話も常に

留守番電話設定にしておくなどの、

 

相手の確認できるまでは安易に電話に出ない

という意識が高まった」と分析しています。

 

 

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

PAGE TOP