チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


早わかり、ホワイトデーは日本だけの習慣、少し違う豆知識

 
こんにちは
WordPress見本市ブログです
 

「ホワイトデー」は日本だけ

 

ホワイトデーは、女性から男性へのプレゼントに対し、
借りを返すという発想で一方通行のバランスを、
解消するために生まれたものです。

 

「もらいっぱなしではなく」日本の贈答品文化の習慣を
取り入れたものとして今は、当たり前に行われています。

 

ホワイトデーは日本で初めて1980年にお返しとして、
1か月後の3月14日に開始しました。

 

日本の贈答品の習慣を念頭に置き、キャンディー、マシュマロ、
白いチョコレートなどを返礼品として、恒例化しました。

 

白いチョコレートは褐色のチョコレートに対しての企画が成功した、
理由としてコントラストが良いことがあげられる。

 

 

プレゼント用チョコ

「義理チョコ」今や定番

円滑なコミュニケーションを構築するために、
言葉で表現することではなく、
その場の雰囲気を察知する能力が求められています。

 

周辺の人びとにも細い気ずかいをしながら、
お互いのコミュニケーションをとることが重要視されてきました。

 

このような発想から、バレンタインデーの「本命チョコ」以外に、
周辺の付き合いのある人や同僚に「義理チョコ」を渡す習慣が
生まれたと言われます。

 

これは日本人の義理人情に厚い風習からきているものです。

 

贈る側の意図と、それを受ける側の解釈がハッキリと
しないところが、良いところかも知れません。

 

直接口に出して言うのではなく、雰囲気で相手の気持ちを
察する風習がある日本文化の心の美を反映していると思います。

 

ホワイトデーチョコ

まとめ

 

12月24日のクリスマス
12月末に大晦日、
1月お正月
2月14日バレンタインデー
3月14日ホワイトデー

 

これらは今や大きなイベントになっています。

 

最近ではバレンタインデー、
ホワイトデーの経済効果の大きなマーケットとなり、
日本では他国にない独自の「愛の日」の習慣を創り上げました。

 

スポンサーリンク



 

 

これからも愛という人間の最大の関心ごとの
祭りは、今後も続くはずです。

 

いずれのプレゼントもその範囲は自分の出来る
範囲で行動することが大事なことです。

 

 
WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
 

 

PAGE TOP