チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


不動産投資、工場・倉庫で成功をつかんだ投資家、Bさんのボロ儲け

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク



タダで手に入れたオンボロ工場が「変身」

 

Bさん

Bさんが投資したのは都内の準工業地域です。

所在地:東京都内

土地:80坪の敷地

建物:廃墟に等しい状態投資したのは土地代だけ、

つまり「建物はタダ」でした。

 

建物に値段がなかったのにはわけがありました。

単に古いだけではなく壁のあちこちに穴が空いており、

ほとんど廃墟に等しい今にも崩れ落ちそうな状態で

立っているのが不思議なほどでした。

 

その工場で過去に何が作られていたのかをイメージできる

ものが何一つ残されていませんでした。

 

しかも、土地の形状にも大きな問題がありました。

外の道路と工場の敷地を結ぶ入り口付近の勾配が並外れてきつく、

アクセルを思いっきり踏まなければ自動車が

上がることができなっかたのです。

 

何も知らない人であれば、まず間違いなく

「一体、こんなオンボロ工場を借りる人がいるのか?」と

おもうことでしょう。

 

しかし、Bさんがテナントを募集してから、借り手はすぐに現れました。

 

スポンサーリンク



 

リホーム会社の乙社が、「80坪あれば、事務所と駐車場、

資材置き場をすべて置けるのでこうつごうだ」と、

手を挙げたのです。

 

テナントが行ったリフォームで工場は新築同様に生まれ

変わるリフォーム会社ですから、修繕するのはお手のものです。

 

壁はきれいに張り替えられ、不具合のあったところはすべて

直されて、工場はまるで新築同様に生まれ変わりました。

 

また、土地が抱えていた問題も解消されました。

 

入り口付近の勾配は削られ、自動車は難なく上がれるようになったのです。

 

これらの修繕に要した費用の大半は乙社が負担して

一部はBさんも負担しました。

 

また、近隣との間で何かトラブルがあった場合には乙社が

責任を負うことも、契約書の中で約束されています。

 

貸してばかりが得をしているようにも思えますが、乙社にとっても、

この工場を借りることには大きなメリットがありました。

 

事務所、駐車場、倉庫をバラバラで借りる場合に比べて、

毎月の賃料を三分の一以下に減らすことができたからです。

 

このように、工場、倉庫の賃貸は、通常の賃貸に比べて、

借り手にとって有利となる場合がほとんどであり、貸す側も借りる側も、

大きな満足感を得られることが少なくありません。

 

スポンサーリンク



まとめ

オンボロ工場が大変身したことで大きなメリットとなりました。

修繕に要した費用の大半は借り手が負担したためオーナー

は大助かりです。

今回は良いテナントに出会えて良かった信じられないケースと

言えるでしょう。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

PAGE TOP