不動産投資、工場・倉庫で成功をつかんだ投資家、Aさんの活用術

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える

お得な情報をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

小さな工場が高級バイクの駐車場に変わった

 

Aさん

所在地:東京都内

土地:20坪の敷地

建物:印刷工場

 

Aさんの購入したこの物件は準工業地域にあったものの、

以下のような難点を抱えていました。

 

・建築面積:20坪程度に過ぎない。
・駐車スペースがほとんどない。
・前面道路も4メートルに満たないため、

車の出し入れが容易ではない。

Aさんが購入したのは、東京都23区内にある小さな工場でした。

工場を所有し、自ら印刷工場として使っていた元オーナーが

亡くなった後に、それを相続した遺族から買い受けたのです。

しかも、周囲には住宅が多く、大きな音は出しにくい雰囲気でした。

 

元オーナーが工場を営んでこられたのは、長年この地域で暮らしてきて、

近所付き合いがあったからであり、全く地縁のない人が新規で

工場を始めてすんなりと受け入れてもらえるかは未知数でした。

 

スポンサーリンク



 

 

そこで、テナントを募集するにあたり、Aさんは、工場だけでなく、

飲食店や販売店舗など、どんな用途にでも使えることを

積極的にアピールすることにしたのです。

 

【周囲に配慮してシャッターを静かなものに替える】

テナント募集開始後、しばらくして「バイクの駐車場として

利用したい」という業者が現れました。

 

その地域にはマンションが多かったものの、

付近には手ごろな駐車場がなかったのです。

 

「バイクの置き場所に困っている人たちの強いニーズがある

はず」と業者は考えたようです。

Aさんが二つ返事で快諾したのは言うまでもありません。

業者はAさんから物件の引き渡しを受けると、

まず初めにシャッターを付け替えました。

 

それまで取り付けられていたものは、あけるたびに

「ガラガラー」とものすごく大きな音を鳴り響かせていたために、

深夜にオートバイの出し入れをすると近隣の住人が目を覚まして

しまうおそれがあったのです。

 

また、防犯のために、24時間監視のセキュリティシステム

も導入しました。

これらの作業に要したコストや労力は、すべて業者が負担しています。

 

印刷工場が駐車場に生まれ変わるまでに、Aさんがしたのは、

印刷機などの機械のかたずけや掃き掃除程度のことでした。

 

オープン後、あっという間に駐車場はうまり、

近くのマンション住民が所有するハーレーやドウカテイなどの

高級バイクが常に所狭しと立ち並んでいます。

 

駐車場利用者に対して大通りでバイクを降りてエンジンを

切り駐車場まで押して運ぶよう促すなど、近隣に十分配慮した運営を

テナントが心がけているために、騒音トラブルも発生していません。

 

おそらく、このテナントは、これからもさしたる問題を起こすことなく

物件を借り続けてくれると思います。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

建築面積が小さいことや駐車スペースがほとんど

ないことなど借り手がつくように工夫したことで

付加価値の高いものになり前面道路の4メートルに満たない

悪い条件をクリアーできたのが良かったです。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました