チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


不動産投資【必見】儲けるには、高利回りの「工場・倉庫」をねらえ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える

お得な情報をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

テナントが長い間、借り続けてくれるワケ

 

工場・倉庫で使う設備は、通常、テナント自身が必要なものを手配するものです。

それから、大型の機械を複数台搬入するような場合には、

10トントラックが何十台も必要となるようなケースもあるのです。

 

工場・倉庫のテナントは長く居続けてくれるのが特徴的

 

工場への引っ越し費用だけで軽く1億円を超えることも珍しくないのです。

このように初期投資だけでも多額の費用がかかるため、工場・倉庫の

テナントは一度契約をむすべば、簡単には退去せず長期にわたり

借り続けてくれるのです。

 

賃貸期間は平均で15年程度、長ければ20年、30年に及ぶのは普通ですし、

半永久的に借りることも少なくないのです。

 

実際、全国展開をしているようなドラッグストアやファミリーレストラン

などの大型店舗を見てみると、大通りに店を構えた後、

いつまでも変わらずに営業し続けているところが多いはずです。

 

おそらく、「そういえば、近所の国道のあのファミレス、

自分が子どもの時からあるなあ」というような店を、

誰でもすぐに思い浮かべることができます。

 

 

スポンサーリンク



 

一方、マンションの場合(エリアは首都圏)は、学生を対象とする

物件については入居者の74,6%が2年から4年程度の平均入居期間です、

ファミリーを対象とする物件に関しては入居者の58,1%が4年から

6年程度の平均入居期間が普通です。

 

工場・倉庫と比べれば非常に短い期間で、借主は退去してしまいます。

 

不動産投資では、何よりも空室状態になることを避けなければなりません。

それに対してテナントが長く居続けてくれる工場・倉庫は、

空室リスクを最小限に抑えられる理想的な投資対象といえるのです。

 

一方、平均入居期間が短いマンションは、工場・倉庫に比べて

空室リスクが格段にちがいがあるといえるのです。

 

スポンサーリンク



まとめ

工場・倉庫は、マンションに比べて空室リスクを

最小限に抑えられる理想的な投資対象です。

ドラッグストアやファミリーレストランのように半永久的に

借りることも少なくないのでメリットは大きいです。

また工場テナントは大型機械設備で簡単には移動出来ない為

長期間の契約になる場合が多く長期安定収入に繋がります。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

PAGE TOP