池井璃花子 復帰後ベストの58秒48

リレー派遣標準にあと0秒56

白血病を克服して3年ぶりに出場した池井璃花子(20)ルネッサンスが

女子100バタフライで4月4日の決勝に進出した。

準決勝で58秒48の復帰後ベストをマークし、全体3位に食い込んだ。決勝は混合戦模様で、

400メートルメドレーリレーで五輪切符に手が届く可能性もでてきた。

いいレースができた

池井璃花子がゆっくりした足取りでプールサイドを引き揚げた。

「準決勝ではなく8秒前半を出したいと思っていた。

しっかりそのタイムで泳げたのと、前半6秒台(26秒95)で入ることが目標だったので、

いいレースはできたんじゃないかと思う」。

2組にわかれて行う準決勝第1組で58秒48の首位。

全体的に番手でファイナルに進み、自分に及第点を与えた。

予選を秒68の全体2位で通過し、約7時間半後の準決勝でタイムでをしっかり上げてきた。

100バタフライをレース復帰後初めて解禁した2月20日の東京都

オープンでは、59秒44。練習を始めて間もなかったため、レース運び、

ペース配分といった宿題を多く持ち帰った。

「泳ぎ方も分からずに不完全燃焼だった」。

週4回から始まった練習は5回へ増え、さらに今大会に向けては

午前、午後の2部練習もおこなってきた。

 

100バタフライ全体3位あるぞメドレーリレー代表

着実な成果を表現した。最大目標である国民一人ひとり4年パリ五輪への大きな

ステップと位置づける今大会。もちろん、東京オリンピックへの扉も開かれている。

決勝で派遣標準記録57秒10を切り2位以内に入れば個人として、

マタニティ00メートルメドレーリレーの派遣会社7秒92を切って優勝すれば代表権が手に入る。

上位は混戦模様なだけに手が届く可能性もあるが、本人の目標設定は冷静だ。

「しっかり上位に食い込めるようにすることと、今の自分はこの東京五輪がメインではないので、

ここでしっかりと経験を積んでおいて、準決勝より速いタイムで泳げたらいい」

予選、準決勝、決勝という3段階を踏むのも、復帰後初めての経験。

「(疲労は)結構来ているけど、バタフライをの復帰レースを泳いだ次の日の方が

意外と体の状態がよかった。リラックスして明日は泳げるんじゃないかな」。

まとめ

WordPress見本市ブログは日大OBです。

池井璃花子選手のオリンピックでの

活躍をお応援しています。

PAGE TOP