チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


2020年12月まで延長が決まったシャンシャンが東京の顔になる。


 

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

シャンシャンが東京の「顔」に 🐼

 

東京上の動物園(台東区)で生まれたジャイヤントパンダ
「シャンシャン」(メス)が早いもので6月12日に2歳の誕生日を迎えます。

 

「中国籍」のシャンシャンは当初、この日までに中国に返還されることに
なっていましたが、近年の日中関係改善を背景に「異例」となる
2020年12月までの延長が決まったのです。

 

今年度中には新パンダ舎も完成する予定です。

 

シャンシャンは2020年東京五輪・パラリンピックで訪日する
外国人らをもてなす東京の顔になりそうです。

 

6月12日に2歳になるシャンシャンは東京上の動物園によると、
中国から貸与されたリーリー(13歳)とシンシン(同13歳)
との間に生まれたシャンシャンは、

 

6月5日時点で体重が61,6キロまで増えました、大人のパンダと
同じように、竹を食べるようになったということです。

 

東京都と中国野生動物保護協会がむすんだ、もともとの協定では、
「満24か月齢時に中国に返す」ことになっていたのですが、

 

 

都の要請が受け入れられた

 

都が「シャンシャンが多くの日本人に愛されている」と訴えていて、
延長への理解が得られたといいます。

 

交渉経緯を知る都幹部の方は「近年の良好な日中関係が
奏功したことは間違いない」ようですと明かしております。

 

東京都の小池百合子知事も今夏の訪中を予定。

 

都によると、3頭のパンダは繫殖・飼育などの共同研究を
目的に中国から借り受けており、貸与期間が延長されたのは
東京上の動物園が初めてという、

 

スポンサーリンク

 



 

延長に伴う負担はないという、うれしい話

 

都が中国側に支払う費用は年間95万ドル(約1億円)のままで、
延長に伴う新たな負担もないという嬉しい話です。

 

東京都は現在、東京上の動物園ではパンダの故郷・中国山岳地帯の
竹林などを再現したパンダ舎の整備を進めております。

 

地元商店街の期待も大きく、上野観光連盟の二木忠男会長は
「五輪で東京・上野を訪れる国内外の人に、

 

シャンシャンの愛らしい姿を楽しんでほしい」と話す。

 

現在、国内のパンダ飼育施設は、上野動物園(3頭)

和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」(6頭)

兵庫県の神戸市立王子動物園(1頭)があり、

いずれも共同研究を目的に中国から借り受けていいるものです。

 

 

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 



(自由テキスト)

PAGE TOP