チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


マンション、アパート投資で Sさんの成功法 年間396万円の利益! 

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

スポンサーリンク




 

 

年間396万円の利益!

Sさん

女性

年齢:38歳、
職種:会社経営

中野駅徒歩12分木造2棟の投資物件

物件価格:9000万円
利回り:9,57%
年収:861万円
家賃収入:71万円
返済:33万円
経費:5万円
利益:33万円
年間:396万円
頭金+諸経費:500万円
自己資本利回り:79%

1年と少しで使った自己資金が戻ってきます。

この物件も、購入した初月から33万円の利益の利益がありました。

固都税15万円を引いても、約381万円残ります。

 

スポンサーリンク



西国分寺の他に中野にも2棟

こちらの物件は中野駅徒歩12分。10分圏内ではありませんが、

早稲田大学など中野には多くの学校があるため、

出てもすぐに次の入居者が入り、現在も満室です。

この物件を査定してもらったら、土地の評価額だけで

1億2000万円でした。

木造なので建物の価値はほとんどありませんが、

解体は300万円程度でできるので、

売却時は更地で販売することもできます。

10年後のローン残高は、6400万円、

15年後になると残高は約5000万円まで減ります。

土地の価格が1億1200万円なので、毎月のキャシュフロー

以外にローン返済が進むごとに、より純資産が増えます。

不動産投資で何よりも大切なこと

不動産投資は、先にお金が入ることです。

買ってすぐ、直ちにお金が入ってくれば、

万が一の臨時支出もそこから捻出できるのです。

この他にも、前述の収入に入っていないものでは、

更新料が2年に一度入ってきます。

これは不動産屋さんと折半ですので、

家賃の半分が毎月のものとは別途に振り込まれます。

これも余裕の資金となります。

また、固都税は計算に入っていませんが、都内近郊では

大きな土地は買えないので、利益の中から充分まかなえるはずです。

西国分寺と中野の2棟だけで年間800万円のキャッシュフローになります。

 

 

スポンサーリンク



 

修繕や何か急にお金が必要という時でも、

これだけあれば、とりあえず安心です。

まとめ

中野には多くの学校があるため、出てもすぐに次の入居者が入り、

とても条件の良いところの物件です。

自己資本利回り:79%となかなか良い利回りでそれを元に

また次の物件を購入資金にできるので

さらに物件を増やすことができます。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

PAGE TOP