チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


NHK大河ドラマ西郷どん 沖永良部島が改心した地、土持政照との縁

こんにちは
WordPress見本市ブログです

明治維新から百五十年を記念して

林真理子のNHK大河ドラマ西郷どん

歴史学者磯田道史に勧められて

見事に書き上げた原作の

最高視聴率は15,5%

 

 

「西郷どん」が改心した地 沖永良部島(鹿児島)

 

 

スポンサーリンク



 

 

西郷隆盛といえば東京・上野の銅像が有名だが、

浴衣姿で犬を連れた銅像を見た未亡人の糸は

「こげんなお人じゃなかった」とつぶやいたという。

 

身長六尺(約180センチ)恰幅かっぷくがよく大きな目玉で知られた英雄は

「あんなぶざまな身なり」で

人前に出なかったという思いがあったからだ。

 

NHK大河ドラマ「西郷どん」人気で沸く鹿児島市から

南に550キロ。隆起サンゴ礁でできた沖永良部島に

行ったのは、糸と結婚する3年前、西郷が34歳で島に

流された当時の座像があるからだ。

 

それはやせ衰え、吹きさらしの牢内にいる。

昭和にできた像をもし糸が見たら声を失ったろう。

 

流刑前から西郷には死を恐れぬ勇はあったが、

家近良樹著「西郷隆盛」によると、人をとことん

追いつめる理詰めなところがあった。

 

死罪に次ぎ重い遠島になったのも薩摩藩の国父・

島津久光の政策を批判し、「地ゴロ」(田舎者)と

言ったためとされる。

 

それが幕末の1862年から一年半の獄中で改心、

坂本龍馬をして「少し叩けば少し響き、大きく叩けば大きく響く」

と評せしめた人物に成長し、維新の英傑になる。

 

西郷の島暮らしをたどった。

 

上陸の碑がある島の北岸、伊延港から、西郷の歩いた

道を30分ほど行くと島の南岸にある牢跡に着く。

 

スポンサーリンク



 

小さな島の4畳ほどの牢が西郷の住みかになった。

西郷南洲記念館前に復元された牢は頑丈だが、

当時は松材を格子状に組んだ粗末なもの。

 

食事はご飯と塩、漬物だけで、太陽がさしこむ

厠付き牢では蚊やハエにも悩まされた。

風が強いと砂や波しぶきが牢に吹込み、みるみるやせ細った。

 

それでも罪人としての分にこだわり、差し入れにも

「お気持ちだけ頂戴いたします」と頑なで、

ひたすら沈思黙考した。

「敬天愛人」の精神培う

 

島で始めた漢詩では<辛酸骨に透りりて吾が真を看る>と詠んでいる。

彼を変えたのは、南の島の人々の温かい心だった。

 

西郷直筆の書「静観」を展示する和泊町歴史民俗資料館の

先田光演館長(75)は「人の恩を感じたことで

西郷は再び生きたい、と思った」と語る。

西郷は島役人、土持政照に心をひらく

その人とは、牢を巡検していた島役人、土持政照である。

彼は2カ月ほどで死に瀕した西郷を見かねて、

藩命では「囲いに召しこむ」とあるのに吹きさらしの

牢ではおかしい、と代官に談判し、清潔な座敷牢に移した。

 

その頃から西郷は土持政照に心をひらく。

牢ごしに歓談したり、島の子に心の教育を

したりして健康を回復。

 

土持政照と義兄弟の契りまで交わす様子は、

記念館で人形や模型を使ってわかりやすく再現されている。

 

罪人を慕ってくれる島民の心と、牢での詩や書を通じて
思索が、己をつつしみ、天を敬い、人を愛する

「敬天愛人」の精神に結実、帰藩後の大業に

つながったと先田館長は分析する。

 

南洲橋、南洲神社がある牢の近くにはもう一つ、

観光ホテル東の前に、町の誇りの記念碑がひっそりと立つ。

そこには「土持政照誕生の地」と刻まれていた。

 

サンゴ礁に囲まれた島には、断崖絶壁が美しい田皆岬や

サンゴの岩を波が削った景勝「フーチャ」、昇竜洞を

はじめとする大鍾乳洞群など見所が多い。

 

しかし牢にいた西郷は、自然を味わう暇もなく

1864年、島を離れ激動の幕末に飛び込んだ。

 

農を大切にした英傑がもし大自然と接していたら・・・。

島はロマンをもはぐくむ。

 

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

南の島の人々の温かい心と牢生活での土持政照への

恩義から、天を敬い、人を愛する「敬天愛人」の

言葉は生まれたのだと思う。

 

沖永良部島ではNHK大河ドラマで一躍有名となり、

歴史民俗資料館、昇竜洞、田皆岬など見所が多いので

立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

コメント

PAGE TOP