チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


NHK大河ドラマ西郷どん 西郷の考える同義国家とは「敬天愛人」である    

こんにちは
WordPress見本市ブログです

明治維新から150年を記念して

林真理子のNHK大河ドラマ西郷どん

歴史学者磯田道史に勧められて

見事に書き上げた原作の

最高視聴率は15,5%

 

 

スポンサーリンク

 



 

道義とは「人の行なうべき正しい道」

 

人の行なう正しい道を行っている国」が同義国家と言うことになる。

西郷が『遺訓』の中で語っている国家観を聞けば、
西郷は明治国家を同義国家として建設すべきであると
思っていたことが分かる。

「人の行なうべき正しい道」は西郷が青年のときから
学び修業し訓練し常に追い求めて来た道である。

この道がどういうものであるかを探究し、
そしてそれを自身の身をもって体験してきた。

「敬天愛人」の哲学

青年時代の「近思録」の研究、斉彬の薫陶、
奄美大島での5年間、さまざまな経験を経て

「人の行なうべき正しい道」として西郷が考え至ったのが
「敬天愛人」である。

西郷はその行動のすべてを、一言一句、
一挙手一投足を「人の行なうべき正しい道」とは
何かを追求することにあてた。

その結果の「敬天愛人」の哲学であり思想である。

新しく誕生した明治国家を道義国家にすべき
であると西郷は思った。

政治は誰のために、何の目的をもってなすのか

このことを考えるとき徳川幕府の治世と新国家の治世が
同じであってよいはずはない。

ただ単に政府が代わり統治者が代わっただけでは、
民や国民は元のままであり、その生活は決してよくならない。

西郷は重税に苦しむ農民の生活や、封建制度の農民に対する
非情さ非道さを目の当たりにしていたので、

農民(国民)を救済するためには治世の制度を根本的に
変える以外ないと考えていた。

 

スポンサーリンク



 

 

西郷がこのような考え方をしていたことは

『遺訓』をよく読めばそこに表れている。

西郷は国家のありかた、役目をここまで考えていた。

大久保・岩倉、木戸、大隈、山県、伊藤といった

幕末明治の政治家と根本的に違うところである。

西郷は欧米列強の脅威を恐れない

 

それは我彼の情勢をしっかり分析していたからであろうが、
何よりも国民のための政治を行い、

国民の活力と政府に対する国民の信頼を一体化を増す
ことこそが最大の国力であると考えていたからである。

国家形成の目的はなんであろうか

こう問われたら、西郷であれば即座に、それは国民に仁愛を施し、
人の道を行わせることであると答えるであろう。

西郷において国家とは道義国家であるべきであり、
あるいは道義国家を目指す過程の国家で
なければならないのである。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

西郷の奄美大島での五年間の経験が

「人の行なうべき正しい道」

 

「敬天愛人」の哲学を貫き通す考えが政治家と

根本的に違うところである。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

コメント

PAGE TOP