チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」運動のあとは急にやめないのがコツ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

 

運動のあとは急にやめないのがコツ

 

いつもサラサラと流れる血流を確保するためには、

しっかりした筋肉をつけることが必要ですが。

 

そのためには運動をしなくてはなりません。

 

その場合に活性酸素の被害を少なくする

コツの一つは運動を急にやめないことです。

 

このことを理解していただくために、

適当かどうかはわかりませんが男女間の

セックスを例に挙げてみたいと思います。

 

ご承知のとおりセックスはかなり激しい運動です。

 

激しい運動ほど活性酸素が大量に発生します。

 

人にもよるでしょうが、セックスは一方で

ひじょうに脳内モルヒネを分泌します。

 

それだけ気持ちがいいので、ついつい激しい

行為にになってしまうわけです。

 

脳内モルヒネが出ることは体によいことです。

 

セックスが美容や健康によいとの説が昔からあり、

きまじめな人はそれを否定しますが、

脳内モルヒネがどんどん出るという事実から、

これをたんに俗説と退けるわけにはいきません。

 

欲求を満足させて脳を喜ばせることは体にも

心にもよいことなのです。

 

スポンサーリンク



 

激しい運動をしているときは血流が増します。

 

ところがそれを急にやめてしまうと、いままで順調に

流れていた血流が酸欠状態になってしまうのです。

 

これを酸素負債といって、運動をしているときは酸素を

余分に使ってしまっているのです。

 

たとえば百メートルを全力疾走すると、ゴールに

ついてからハアハア息をします。

 

あれは先に体の中から借りて使ってしまった酸素を

元に戻してやるために、急いで補給しているのです。

 

このとき血管内では再灌流障害さいかんりゅうしょうがいと同じことが起きている。

つまり活性酸素が大量に発生している。

だから激しい運動ほど急にやめてはいけないのです。

 

セックスが終わったらすぐに背中を向けて

グウグウ寝るというのはよくありません。

 

ベットから起きて部屋の中を歩きまわるとか、

風呂に入るとかしてとにかく動きを急に

やめないことが大切です。

 

つまりセックスというものは、終わってすぐに

運動をやめてしまうとものすごく体にわるいのです。

 

理想は終わったあと二人で気功をすることですが、

おそらくみなさんにはそれはむずかしいと

思われるので、二人で入浴されたらよいと思います。

 

楽しい会話を交わしながら洗いっこでもすれば、運動として生きてきます。

体を動かしたとき、とくに激しい運動をしたあとは、

どんな場合もスパッとやめてしまわないこと、

 

これが活性酸素の被害を受けないで筋肉を

鍛える場合のコツなのです。

 

それができれば体にとっても脳にとっても

動いた分だけプラスになって戻ってきます。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

使った筋肉の疲労は体を動かしたとき、とくに激しい運動をした後は

どんな場合でもスパッとやめてしまわないこと、

これが活性酸素の被害を受けないで筋肉を鍛える場合のコツなのです。

それができれば体にとっても脳にとっても動いた分だけプラスに

なってもどってきます。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP