チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


不動産投資、工場・倉庫はマンション、アパート、と費用の差がこれだけある

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える

お得な情報をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

マンションの鉄管トラブルで取り替える必要もない

築年数が40年以上の古いマンション、では、排水縦管に塩ビ管

ではなく、鉄管が使われているものが少なくありません。

この鉄管が経年により痛み、漏水の原因となることがあります。

実際、今、中古マンションでは鉄管を巡るトラブルが問題化

しており、「天井から汚水が流れてきた!」というような

住民の悲鳴があちらこちらでおこっているのです。

 

中古マンションに投資する場合には、漏水トラブルを

避けるために、排水縦管を全て取り換えなければならない

場合があります。

 

そのため、多額のコスト負担が発生するおそれがある

ことを念頭に置いておく必要があるあります。

 

一方、工場・倉庫は、基本的に排水縦管が存在しない

ので、購入した物件がどんなに老朽化したとしても、

マンションのように鉄管を取り換えるために大きな

出費を強いられるようなことはないのです。

 

地中の排水管を取り換えなければならないことは

ありますが、さほど費用はかかりません。

 

解体費用もマンションに比べて安くすむ

 

メンテナンス費用がかからないとはいえ、不動産投資

では物件の建て替えが必要になることもあります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

建て替えというと、「まず既存建物の解体のために多額の

お金が必要になるのでは」と不安に思うかもしれませんが。

工場・倉庫は、解体費用に関しても、マンションの場合に

比べてはるかに安く抑えられます。

 

たとえば、構造別の解体費用単価をまとめた中央値のデータ

を見ると、倉庫で最も一般的な構造となっている鉄骨造は

1平方メートルあたり1万900円となっています。

 

一方、マンションで一般的な構造である鉄筋コンクリート

SRC造はそれぞれ1万3800円、1万8300円であり、

倉庫とマンションの解体費用の金額にこれほどの

大きな差がでるのは、以下のような理由からです。

 

①工場・倉庫は平屋か2階建てが一般的なのに対して、マンションは

階数がそれ以上のものが多く、人件費のコストがよりかかります。

 

②最も一般的な鉄骨製の工場・倉庫は、解体した結果生じた鉄くずを

業者に買い取ってもらえる。その分、解体費が安くあがることになります。

 

③木造アパートの場合は解体後、チップ状にして処分しなければならないので、

鉄骨造よりも解体費用がかかるのです。

 

このように、工場・倉庫は、マンションと比べて解体費用が低額であり、

その結果、コストを抑えて建て替えを行うことが可能になるのです。

 

建て替えは不動産投資の有効かつ重要な選択肢の一つといえます。

 

解体費用の高さが気になり、建て替えに対して消極的になるおそれのある

マンション投資に比べて、工場・倉庫投資のほうがより選択の幅の

広い前向きな投資戦略が展開できます。

 

スポンサーリンク



まとめ

中古マンション投資は、漏水トラブルなど、排水管を全て

取り換えなければならないものもあります。

工場・倉庫は、排水管もありません、解体費用に関しても、

マンションの場合に比べてはるかに安く抑えられます。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP