チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


50歳から新しい自分に出会う心と体の健康を維持するコツ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

外見より「内面の老化」に気をつけましょう

50代に入ると、ほとんどの人が自分の老いを意識し始めるでしょう。

寿命が百歳まであるとすると、

ちょうど折り返し地点にあたるからかもしれません。

 

また、30代から40代になった時より、40代から50代になった方が

体の変化が大きいので、「自分も年をとったな」と

強く感じるのかもしれません。

 

では、具体的にどんなことにたいして「老い」

を感じるのでしょうか。

 

ある意識調査から、老化を感じるのは

 

「しわや白髪が増えた」「肌の弾力がなくなり、顔の肉がたるんできた」

「体型がくずれて、ダイエットしてもおもいどおりにならない」

これらを見るとわかりますが。

 

やはり外見の老化に関する悩みは深刻です。

本人からすれば、気になって仕方がないのでしょう。

 

スポンサーリンク

 



 

しかし、周囲の人が「あの人、老けたな」と感じる点は少し違うようです。

 

その証拠に、「身近な人の老化を感じるのはどんな時?」

という質問に対しては、「最近、話が説教くさくなった」

「ちょっとのことで、すぐ怒るこるようになった」

 

「前より愚痴の数が多くなった」といった声が聞こえてきます。

 

このように自分自身が感じる変化と、

周囲が感じる老化は種類が異なります。

 

若さを保つ秘訣は、まず内面を磨く

 

自分では見た目のほうが気になるのに、

まわりの人は内面の老化のほうが気になるのです。

 

外見の年齢と内面の年齢を比べると、

内面のほうが強く印象に残るということがわかりますね。

 

たしかに、しわのないツルツルの肌や黒々とした髪は若さの象徴です。

 

しかし、外見ばかりを若く保とうとして心を磨くことを怠っていると、

本人が気づかないうちに内面から「老い」がにじみ出て、

「あの人もすっかり年をとったな」と相手に感じさせてしまうのです。

 

つまり、若さを保つ秘訣は、まず内面を磨くこと。

これが心の老化対策なのです。

 

まとめ

周囲の人があの人、老けたなと見る感じかたは少し違うようです。

自分が自分で感じていない部分が外見ばかりを若く保とうとして

心を磨くことに気づかないということです。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

 

 

PAGE TOP