チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」仕事好きが定年で成人病になるワケ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

 

 仕事好きが定年で成人病になるのは

 

食事が健康や若さを保つカギをにぎっていることは、

最近ではだれもが知るようになり、

それなりの努力をする人が増えています。

 

高齢化社会になっても、健康体でなければ、

せっかく伸びた寿命を楽しむことが出来ないからです。

 

三大成人病

 

一方でガン、心臓病、脳血管障害といういわゆる

三大成人病は、相変わらず幅をきかせ、大勢の人々の

人生を暗く苦しいものにしています。

 

これに加えて近ごろは脳の老化、

ボケの心配をする人が増えてきました。

そこまで心配する年齢でなくても、若さの衰えを

自覚する人も少なくないないのです。

 

働き盛りの年齢で成人病にかかり人生を途中下車

しなければならないケース、またバリバリ働いてきたビジネス戦士が、

定年を境に急に衰えてしまうといったこともよく見られます。

 

仕事をするのは体によいことだ、仕事が好きで

仕事をすることに生きがいを感じている人、

そういう人は仕事を一生懸命にすることによって、

いちばん脳内モルヒネの出る状態を作り出せる

ということになります。

 

仕事が好きな人に仕事をやらせないと、中性脂肪が増えたり

血糖値が上がったりして、簡単に病気ゾーンに入ってしまうのです。

 

定年後にボケたり病気になったりするのは、

医学的に見ても当然起こりえることなのです。

 

恐ろしいのはいまの日本社会は60歳という

年齢はまだまだ現役で働ける年齢です。

 

このような環境に人間をおくと、いとも簡単に

成人病の兆候を現すという事態が起きているのです。

 

スポンサーリンク



 

健康と長生きは並行します。

 

唯一の例外は医療技術によって植物人間のような人を

生かしてしまうことで、それを除けばどうしても

健康と長寿は並行せざるをえないのです。

 

ところがいまの日本の現状が、60歳

「という本来なら働き盛りの人間を、いとも簡単に病気に

追い込むような状況をつくっているとしたら、

これから先、長寿国家は望めない。

 

若く、美しく、そして痴呆症になりたくない

 

もしそれでも統計的に平均寿命が伸び続け、

世界一の長寿国であり続けるとしたら、それはむりやり

生かす人間の比率を増やすことにほかなりません。

 

若さ、美しさを保持したい、痴呆症になりたくない、

長寿を保ちたい、記憶力を保持したい、

老化速度をゆるめたい、いつまでも現役でいたい、

 

疲れをとりたい、ガンをはじめ成人病にはなりたくない、

やせたい、ストレスをなくしたい、ゆっくりしたい、

精力を保持したい、これらが全部クリアできれば、

 

おのずと人生は楽しく活力に満ちたものになり、

このような人が増えることが社会全体に活力を

もたらすことになるわけです。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

サラリーマンを定年退職するとどうなるか、好きな仕事を奪うと、

中性脂肪がふえて血糖値が上がり、簡単に病気ゾーンに入ってしまう。

サラリーマンの定年ボケや成人病発病は好きな仕事を奪われた

結果であることが少なくないのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP