チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」酒やタバコに罪の意識をもつな

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

タバコが体に悪いことは誰でも知っています。

 

タバコが大好きな人は吸えばいいのですが。

酒もタバコも限度を超えるのはまずいのです。

 

「わるい」とわかっていながらやめられないことは、

ほとんどすべて脳内モルヒが関係しているといって

過言ではありません。

 

活性酸素の発生が最大の敵

 

でも愛煙家はそれでもやめられないのは愛煙家にとって

喫煙は快感をともなうことなのです。

 

タバコは中に含まれる成分も有毒ですが、

それよりも活性酸素を発生させることが最大の問題です。

 

活性酸素というのはあらゆる病気と老化の最大の難敵です。

 

タバコを吸えば体内にそれが発生するのですから、

体に良くないことを否定するわけにはいきません。

 

しかし愛煙家がひと仕事終えたあとや食後につける

一服は、脳内モルヒが分泌するためのよい材料なのです。

 

酒にいたっては飲み方さえ間違っていなければ、

文字どおり「百薬の長」になってくれる。

 

スポンサーリンク



 

 

 

楽しくタバコを吸い、楽しくお酒を飲めば 適量なら脳内モルヒが出る

 

ところがそのたびに後ろめたさを感じて、罪の意識を

もつ場合はこういったプラス効果がなくなって、

マイナスばかりが表に出てきてしまいます。

 

適量に楽しくタバコを吸い、楽しくお酒を飲めば

脳内モルヒが出るところを、「ああ、また吸ってしまった。

 

肺ガンになるのではないか」などと陰気に考えていると、

端的にいえば「あなたは病気になりなさい」という

ホルモンが出てくるのです。

 

恋愛関係でも「フラれるんじゃないか」と

マイナス発想でつきあっていると、

おうおうにしてそういう結論になるのは、

失恋ホルモンが分泌されるからです。

 

スポンサーリンク



 

 

不安、心配、罪の意識をもちながらそれをする

というのは、脳の上手な活用法とはいえません。

まとめ

タバコが大好きな人は吸えばいいのです、

お酒が好きな人は飲んでもいいのです。もちろん両方とも限度を

超えるのはいけませんが好きなものをやめる必要はありません。

ただ限度に加えてもう一つ絶対に守ってほしいのは、

そのことで罪の意識を感じないようにすることです。

これが一番大切なことです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP