チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」α波を出して記憶力を改善する食品は

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

α波を出し、記憶力を改善する食品

 

脳波がα波になるということは、脳内モルヒネが

でやすい状態にもっていけるということです。

食べるだけでプラス発想や瞑想をしたのと同じ効果が

得られるとは、忙しい現代人にとってはまことに

ありがたい存在といえるでしょう。

 

ふつう脳の計算機能は左脳といわれていますが、

α波が出ているということは右脳が主体と考えられます。

 

日本で珠算日本一の女性が暗算しているときの脳波もα波で、

どうも人間がもっとも高度な思考力を発揮しているときは、

左脳ではなく右脳が使われていると考えられているのです。

右脳は先天脳ともいわれています。

 

右脳を切り取ってしまうと、本能的なことができなく

なってしまうのです。

生まれたばかりの赤ちゃんが、教えもしないのに母親の

おっぱいを上手に飲むことができるのは、そのノウハウが

脳にあらかじめインプットされていると

考えるほかありません。

 

同じことは他にもいろいろ見られます。

前世の記憶があるなどというのも、先天脳の記憶の

フアイルが意識の表面に現れたのだと理解すれば納得がいきます。

 

スポンサーリンク



 

ただ通常はそのような記憶は引っ張り出せないのです。

 

その記憶はDNA/RNAに刻まれていて、ふつうでは意識できないけれども、

深いところの自我はちゃんと知っていて、われわれの本能とか

生理的な欲求になって現れてくるのですが、

 

ここには低次欲求ばかりではなく、もっとレベルの高い

情報もインプットされていると考えられます。

 

ただ容易に引っ張り出せない。引っ張り出すには、

瞑想とか祈りがもっとも効果的な方法と考えられてきました。

 

アインシュタインもニュートンもヒラメキで偉大な

法則を見つけていますが、いくらヒラメキといっても、

脳にないもの、記憶にないものはでてくるはずがないので、

そういう可能性はわれわれにもあるのです。

 

要は意識のレベルでそれを感知できるかどうか、

そのカギになるものがいままでは祈りや瞑想や

よい睡眠だったのですが、

 

将棋名人の対局中の脳波はα波

 

モルバ・カプセルのように食品が記憶力の改善や

集中力増強に力を貸してくれるうえα波をつくり出せるとなれば、

もっと意識的に広範の人々がそれを取り出す

ことができる時代がやってくるかもしれません。

 

将棋名人が対局しているときの脳波もα波であることが

知られています。

要するに天才とは脳波を容易にα波にでき、

脳内モルヒネを引っ張り出せるコツを会得した

人たちなのです。

 

私たちが脳内モルヒネをもっと出せる生き方をすれば、

いまの自分には想像もできないような素晴らしい能力を

発揮することができるはずです。

 

脳内モルヒネはわれわれを天才の城まで引っ張りあげて

くれるだけではありません。

病気に強くなり、人生も楽しくなります。

 

そういう人間が増えてくれば、世の中もいっぺんに

平和で安全で豊かになるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク



まとめ

アインシュタイン博士の仕事中の脳波を測定した実験によると

計算が非常にスムーズに運んでいるときの脳波はα波であり、

計算を間違えたとたんにβ波になったという話があります。

ふつう脳の計算機能は左脳と言われていますが、

α波が出ているということは右脳が主体と考えられます。

日本で珠算日本一の女性が暗算しているときの脳もα波で、

どうも人間がもっとも高度な思考能力を発揮しているときは、

左脳ではなく右脳が使われていると考えられるのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP