チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


不動産投資、マンションが相続税の対策になる「3っの理由」とは

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法、

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える

お得な情報をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

 

マンション投資で「相続税対策」に

使っていない不動産を遊ばせておくよりは、人に貸して少しでも賃料収入を

得よう」という動機で賃貸住宅経営を始めるオーナーがいるためなのです。

マンション投資を行うとなぜ相続税対策になるかというと

①マンションを新規に建てるか中古でマンションを購入するだけでも、

相続税を大きく減らすことができるのです。

都心で相続した資産は、現金、預貯金よりも、不動産の形で持っている

ほうが相続税の評価額がはるかに低くなるためなのです。

 

ことに、マンションの場合には、敷地全体に対する専有面積の割合(持ち分)

に従って各戸の評価額が決まるために、全体の戸数が多いほど持ち分が小さく

なるため相続税評価額も下がる仕組みとなっています。

 

②マンションを貸すことによっても相続税の額を減らすことができるのです。

他人に貸している不動産は所有者の権利が制限されているので、

評価額が低く見積もられる形になっているのです。

 

スポンサーリンク



 

③マンションを建てるために銀行などから融資を受ければ、

さらに相続税は安くなります。

「借金=マイナスの財産」が増えれば、それだけ相続税の

課税対象となる財産の総額が減ることになるからです。

 

このように、マンション投資には「建てる」「貸す」「資金を借りる」

という三つの行為を通じて、大幅に相続税を減少させる

効果が期待できるのです。

 

タワーマンションへの投資も相続税対策が目的

 

今、タワーマンションが富裕層を中心に盛んに購入されているのも、

「相続税を安くできる」ことが大きな理由になっています。

マンションの相続税評価額は、戸数に比例して下がる仕組みとなっています。

「階数=戸数」の多いタワーマンションは相続税を減らすうえで、

まさにこれ以上ない理想的な「節税ツール」とみなされているのです。

もっとも、タワーマンションを利用した相続税対策が過熱化している

状況に対して、国は目下、警戒感をつよめているところです。

2016年1月24日付の日本経済新聞では、国税庁がタワーマンションの

相続税評価を厳しくする方針を打ち出したことが伝えられています。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

マンションを建てるか中古で購入するだけでも、

相続税を大きく減らすことができます。

マンションを貸して相続税の額を減らすことができます。

マンション建設で銀行からの融資を受けて、さらに相続税が安くなります。

タワーマンションは相続税を減らす節税ツールとしては効果大です。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

PAGE TOP