チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


大学病院に行ってはいけないなぜ?医者はこうして選びなさい「心得」

こんにちは
WordPress見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

(自由テキスト)

 

医者はこうして選びなさい

医者を選ぶときの心得は次のとおりです。

「巨大図書館やインターネットで自分なりに幅広く情報を集める」
「患者としての直感を大事にする」

「あいさつしない医者、患者の顔を見ない医者、患者を見下す医者はやめる」
「説明をうのみにしない」「医者の誘導に気を付ける」

「薬の副作用、手術の後遺症、生存率をしっかり聞く」
「質問をうるさがる医者はみかぎる」
「いいきなり5種類以上の薬を出す医者は、要注意」

「セカンドオピニオン、場合によりサードオピニオンを求める」
「検査データやレントゲン写真は患者のものだから、
臆することなく借り出す」そして、

入院後「しまった」と思ったら、転院する権利があります。

僕の知り合いは、乳ガンと診断され、乳房切除の手術が数日後に迫ったある日、
「どうもおかしい」とおもっつてエイー!と転院。

別の病院で診てもらったら、乳ガンではないことがわかりました。

スポンサーリンク

 



そのまま入院していたら乳房を取られていたケースです。
この治療はおかしい、と思ったときも、すぐ行動です。

たとえば「抗ガン剤をやめたい」と言っても医者が許してくれず、
すぐには病院を変われないときは、オーバ-に「点滴は苦しい」
「気分が悪い」「やめたい」と苦痛を伝えます。

すると「副作用が弱い、よい経口薬がありますよ」と飲み薬に
変えてくれる可能性が大きい。

それをもらって、飲まないというのが一案です。病院は、
うかうかしていると命をとられます。

決して「お任せ」にしないことです。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP