チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ改善で長寿に「脳内革命」右脳、左脳をバランスよく使う理由

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

祖父が私に施した教育

 

それは現代風の言い方をすれば「右脳教育」でした。

人間の大脳は右脳と左脳に分かれています。

 

そして二つの脳はそれぞれ違った役割をを担っています。

現代人が盛んに使っているのは左脳のほうです。

 

左脳はどんな高性能コンピュータにも負けないソフトをもっていて、

しばしば人を成功に導き、栄達の道を開いてくれます。

 

学校での秀才も左脳使いの名人なら、これまでの社会で

出世して課長、部長とトントン拍子に上がっていく、

 

そうした人たちはどちらかといえば左脳の使い方が

うまい人たちなのです。でもこのような左脳中心の

生き方には大きな欠点が一つあります。

 

右脳を使うと脳内モルヒネがでます

 

それは社会的成功には導てくれるが、体を早く老化させ、

ガンや成人病への道もつけてしまうことです。

 

そのためにはもっと右脳を使う必要があります。

 

右脳を使うと脳内モルヒネがどんどんでてきます

私が祖父からきびしい仕打ちをされながら、

逃げ出さなかったのは、

 

つらいことのあとには必ず心地よいことが待っていたからですが、

右脳を使う生き方をすれば、

人間はどんなつらい状況でも前向きに考えて生きられるのです。

 

スポンサーリンク



 

いま健康な人はますます健康になる。

若さを保つこともできるようになります。

 

また右脳を使うと心が落ち着き、争いごともぐっと少なくなる。

 

そうすればほうっておいても世の中は良い方向へと

向かい始めるでしょう。

 

右脳というのは、いわゆる才能と関係が深く、

それもいまの研究によれば50歳くらいまで成長は

止まらないといいますから、

 

才能のある人はますます伸びていきます。

羽生名人は20歳ごろまで、左脳領域の仕事である

実践データの分析研究を徹底しておこなったそうです。

 

まず左脳をみっちり鍛えながら、右脳も使っていた。

いってみれば左右両右脳をバランスよく使うことが

できる人なのです。

 

ぜひ、皆さんに見習ってほしいのは、このような

右脳と左脳の使い方なのです。

 

人間が生まれてから学んだり、経験して得た情報や知識は、

みんな左脳にストックされます。

 

だからだれもが左脳はそれなりに鍛えているといえます。

これに加えて右脳をうまく使うことを覚えたら、つらいことが楽しくなり、

 

脳内モルヒネもどんどん出るので能力も増幅されて、

二倍、三倍、あるいはそれ以上に使うことができるのです。

 

スポンサーリンク



まとめ

歴史上、右脳をもっともうまく使ったと思われるのは、

18世紀の天才作曲家モーツァルトです。

モーツァルトはこういっています。「全曲は一瞬のうちにでき上がる。

後はそれを楽譜に写すだけ」と。時間芸術である音楽の全体像を、

一瞬のうちに思い浮かべるとう離れ業は右脳にしかできません。

右脳というのは、いわゆる才能と関係が深く、

それもいまの研究によれば50歳くらいまで成長は止まらないと

いいますから、才能のある人はますます伸びていきます。

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

PAGE TOP