病気は自分で治せる 健康法  「本当の病気」と「未病」の違い

こんにちは
見本市ブログです。
私はメタボで高血圧の成人病でした。
血圧の薬はコレステロール値が必ず上がり
動脈硬化を招きますので、
薬を飲まずに正常値にできました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

「本当の病気」と「未病」の違い

 

最初に、「本当の病気(病気)と、そうでない病気、
つまり「未病(半健康・半病気)」の違いについてお話し
しておかなければなりません。

 

これは重要なことです! なぜなら、皆さんの多くは
おそらく病気でもないものを、さも病気であるかの
ように勘違いされているはずだからです。

 

この勘違いは、もちろん皆さんにとっても、医者にとっても、
大変不幸なことです。

 

なぜなら、場違いなことを場違いな人に任せてしまう
ことになるからです。

 

当然のことながら、すばらしい結果が生まれれることは
ありません。

 

そもそも医者の守備範囲は「本当の病気」です。
ですから、「未病」は医者にとっては守備範囲外なのです。

 

まるで投手に4番バッターを任せるようなものです。たまたまボールが
バットに当たることもあるかもしれませんが、
普通はほとんど当たらないと思います。

 

守備範囲外がどれだけとんでもないことになるかは、先をお読みになるにつれ、
次第に明らかになってくると思います。

 

それでは、皆さんに質問です。

 

メタボリックシンドローム(メタボ)は病気でしょうか、
それとも未病でしょうか。

 

「それは当然、病気に決まっているだろう!」と
お答えになる方は、僕がこれからお話しする
ことと、少々かみ合わなくなってしまうかもしれません。

 

まずは、「本当の病気」と「未病」の違いをよく理解して
いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

メタボリックシンドロームは、病気ではありません。
ただの「食べすぎ+運動不足」です。

 

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

なぜなら、医者がかかわるまでもなく、食べすぎをやめ、
体を動かすだけで、十分自分で治すことが出来るからです。

 

「メタボリックシンドローム」とカタカナで書かれると、
いかにも病気のような気にさせられます。

 

ただの「食べすぎ+運動不足」だと正直に書いてあれば、誰も病気と
間違えることはないでしょうし、おそらく病院まででかけていって、
わざわざ医者の診察を受けることもないでしょう。

 

最近は、なぜか病気でないものに、さも病気のような名前を付けるのが
はやっているようで、素直な人たちの頭を混乱させ、錯覚させてしまうのです。

まさにこれは言葉のトリックです。

 

病気でないものが、あたかも病気であるかのように
錯覚させられ、皆さんは、まんまと検査を受けさせ
られたり、薬をのまされたりしてしまいます。

 

とどのつまりは、にっちもさっちもいかなくなって、検査漬け、
薬漬け地獄から抜け出せなくなくなってしまうのです。

 

病気でないものが病気に仕立てられ、病気の数が増えれば
増えるほど、皆さんの頭がこんがらがってしまうだけでなく、

 

医者も余計な仕事が増えて忙しくなり、医療費は高騰し、巷ではごく
当然の結果として、「医療費削減!医者不足!」と大騒ぎすることに
なってしまうのです。

 

つまり、すべてはまやかしなのです。

 

スポンサーリンク



 

 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました