病気は自分で治せる   9割の病気は、病気ではない

こんにちは
見本市ブログです。
私はメタボで高血圧の成人病でした。
血圧の薬はコレステロール値が必ず上がり
動脈硬化を招きますので、
薬を飲まずに正常値にできました。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

病気は大きく3つに分類される

 

「病気やクリニックを訪れる人の実に9割が病気ではない」と
巷ではよく言われていますが、それは本当です。

 

「9割なんて甘すぎる。9割9分がそうだ!」と、さらに極端な指摘を
する方もいらっしゃいますが、要するに、皆さんが病気だと思っている
もののほとんどは、実は病気ではないということだと思います。

 

僕もかつて、自分の外来患者さんを実際に調べて確かめてみた
ことがありました。

 

僕の場合は95%、すなわち9割5分でした。そうなのです、この9割5分の方は、
外来に来なくてもいい患者さんだったのです。

 

皆さんが思い浮かべるいわゆる病気というものは、
大きく次の3つに分けることができます。

 

これは、有名な「病気のカテゴリー分類」です。

 

◎カテゴリー1医者がかかわってもかかわらなくても治る病気

◎カテゴリー2医者がうまくかかわってこそ初めて治る病気

◎カテゴリー3医者がかかわってもかかわらなくても治るのが難しい病気

 

 

スポンサーリンク



 

 

では、病院に来られる患者さんのうち、カテゴリー1の比率は
一体どれくらいだと思いますか?

 

話の流れでもう明白ですね。

 

そう、それが約9割なのです。

 

逆に言いますと、医者にかかる患の9割は、
医者がかかわってもかかわらなくても治るです。

 

言い換えれば、医者にかかる必要がないのです。

 

つまり、本当の病気ではないということになります。

 

3つのカテゴリーの中で、

カテゴリー2と3は本当の病気!

カテゴリー1はウソの病気!

 

といういささか語弊があるかもしれませんが、カテゴリー1は
病気と呼ぶよりも「未病」と呼ぶ方がふさわしいと思います。

 

ちなみにカテゴリー1は「喜劇の病気」とも言われています。
理由は簡単で、カテゴリー1は決して悲劇のヒロインの
病気にはなれないからです。

 

悲劇のヒロインがメタボや痛風だったらまったく様に
なりませんし、話がそこで終わってしまいます。

 

それでは、僕たち医者は一体、何をしているのでしょうか?
このような疑問がふつふつと湧いてくるのは当然のことです。

 

言うまでもなく、僕たちは明らかに余計なことをしているはずです。

 

したがって、カテゴリー1は、「本当の病気ではなく、医者がかかわらない方が
スムーズに治る未病」と定義を変えた方が、意味はより正確になると思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました