メタボ改善で長寿に「脳内革命②」 声を出して鏡に語りかけなさい

こんにちは

見本市ブログです。

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

鏡に語りかけてプラス発想の習慣にする

 

ストレスに強くなるにはプラス発想が必要ですが、

人間の性癖はほうっておくと大体マイナス発想の方向をたどります。

 

 

プラス発想は意識してやらなければならない。意識すると

左脳を使うことですから、ここがいちばんやっかいなところなのです。

 

 

左脳は損得や快、不快に左右されやすいので、何もかもうまく

いっているときは感情も愉快だし、損得勘定でいえば得の状態。

 

 

そういうときは左脳も理想的な状態で、右脳と左脳は見事な

連携プレーをみせる。人間性のよいところばかりが出てきます。

だが人生はそういうことばかりではありません。

 

 

「禍福はあざなえる縄のごとし」で、よいこともあればわるい

こともある。楽があれば苦しみもある。

 

喜びもあれば悲しみもあるわけです。

 

しかしそのたびに天気のように自分が変わっていたら、

とても長続きのする幸福や安定は得られません。

 

 

日常生活のなかでプラス発想を習慣にまでもっていく

必要があるのです。

 

 

ところがプラス発想をしなければと思うことじたいが

プレッシャーになって、ストレスを生み出している人も

少なくありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

プラス発想の習慣には「鏡に語りかける」朝起きて洗面所で

鏡と向き合う。そのとき声を出して鏡に映った自分に

「おはよう。今日はすごく気分がいいよ」と語りかける。

 

 

これは一種の瞑想なのです。われわれが言葉にしたものが

物質化して、左脳から脳梁を伝わって右脳の遺伝子まで

到達するからです。

 

 

だから鏡に向かって「最近、君はずいぶん生き生きして

きたじゃないか」と語りかけると、本当に生き生きしてきます。

 

 

「肌の色つやがよくなって少し若返ったんじゃないか」

といえば、少なくとも細胞はその方向へと機能しはじめる。

 

 

これは自己暗示を用いた自律訓練法でもはっきりと証明されて

いることなのです。鏡に向かって語りかけると、自分がだんだん

好きになってくるはずです。

 

 

そうしたら、できるだけ鏡の中の自分をほめてやることです。

自分でそういい続けていると、脳というのはその気になるのです。

 

 

スポンサーリンク



 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました