メタボ改善で長寿に「脳内革命②」 運動療法は高血圧、糖尿病に著効 

こんにちは

見本市ブログです。

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

治療例3をご紹介しますね。

 

Hさん、男性、65歳、10年来の本態性高血圧症。他医より
処方された血圧降下剤二種を服用。食事制限はほとんど
行わず、めまい、頭痛を訴えていた。

 

 

血圧は220/140を示し、かなり危険な状態のため、早速入院してもらい、
食事療法とストレッチを中心とした運動、メデカル・マッサージを毎日、
それに瞑想を加えた治療を行ったところ、血圧が120/80にまで落ち着き、
自覚症状も顕著に改善。

 

 

40日で退院した。

 

 

本態性の高血圧症はコントロールできないというのが常識です。
後天的な原因ではなく遺伝子レベルの高血圧だからです。

 

 

220/140で入ってきたとき、担当医は怖がったのです。
「院長、危険だから180まできちんと薬で落としてから
運動させてください」。

 

 

運動療法をよく知らない医師だったので、よけいに神経質に
なっていました。そこで「何かあったら私が責任をとる」ということで、
だだちに運動療法にはいってもらいました。

 

 

この人の家族はご両親もすでに亡くなり、お兄さんも
60歳くらいで亡くなっています。

 

 

みんな高血圧症の病気です。「自分は65まで生きたから、
兄貴よりも上出来だ」と自慢していました。

 

 

このような患者さんは高血降下剤を与え、あとは養生させるのがごく
一般的に行われている治療法です。

 

 

ところが運動をしてもらったら、最高血圧がなんと180まで
ストンと落ちました。

 

 

あとはとんとん拍子で危険区域を脱してしまったのです。

 

血圧というのは200を超えると頭痛、めまい、嘔吐が出て
きます。とくに一過性の場合、そういう顕著な症状が現れます。

 

 

この人は中年以降ずっと高血で、薬をおさえてきたのですが、
身長が160㎝ちょっとなのに体重が100㎏近い。超肥満と
いってもいい太りすぎで、自己管理がまったくできていない
ことは明らかです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

運動はストレッチから入りましたが、こういう人に運動療法を
施すときは細心の注意が必要です。

 

入念なウオーミングアップからはじめ、運動のあとも
クールダウンをしっかりとやってもらいました。

 

本音をいえば運動はやらせないほうが安心だし、
こちらもはるかに楽なのですが、患者さんにとっては
対症療法以外に何一つよい成果が得られない。

 

それでは病院へ来た甲斐がありません。この例でもおわかりの
ように、本態性の高血圧も筋肉さえつけば下がってきます。

 

血圧が上がるのは、本来なら心臓と筋肉、二つのポンプで
おこなうはずの血液の搬送を、心臓だけにやらせているため
です。このところに間違いの根本があるのです。

 

それから肥満もよくありません。「肥満がよくない」とは
だれもがいいますが、その怖さをどこまで知っているかは疑問です。

 

 

肥満すると必ず血圧が上がってきます。それと血管が長くなると
末梢まで血が流れていきませんから、体のあちこちに故障が起きてくる。

 

 

肥満がいけない理由はこういう点にあるのです。

 

スポンサーリンク



 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました