メタボ改善で長寿に「脳内革命②」「食べる」「寝る」「歩く」のが楽しくなればいい

こんにちは

見本市ブログです。

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

治療例4をご紹介しますね。

 

Kさん、男性、59歳、不安感、焦燥感にかられ、一ヶ月月ほど
不眠症に陥る。そのため12㎏という顕著な体重減。他医より
抗うつ剤を二種類与えられ服用中だった。

 

早速入院、食事療法、メデイカル・マッサージ、瞑想の
定番メニューを3週間行ってもらったところ、それまであった
微熱、不眠が消失し、食欲も増加、うつ病もかなり改善したため退院。

 

バブル崩壊で事業に失敗、うつ状態になった人です。

 

ただし、この人の場合、事業が壊滅的打撃を受けたわけでは
なく、失敗が引き金になって潜在的にもっていたうつ傾向が
表面化したようでした。

 

来院したとき別人のようにやつれていました。

 

この人のように極端な不安とか不眠症、うつ症状が出てきます。
そういうときは血液サラサラ流れる状態にもっていかなくては
だめなのです。

 

 

血管の目詰まりを防ぐか、取り除くしかない。その方法は筋肉を使うこと、
つまり運動が必要になってきます。

 

スポンサーリンク



 

 

血管に目詰まりを起こさせるのは脂肪が血管の壁について
ヘドロのような状態になってくる。

 

この状態でもまだ少しは流れますが、これに活性酸素がくっついて、
過酸化脂質という物質になるともうだめです。

 

 

どうだめかというと、」ヘドロからコンクリートになって
しまうのです。過酸化脂質にはカルシウムが付きやすいので、
そうなると血管の中はコンクリート状になってしまいます。

 

 

すると血液はもう流れてくれません。それ以前に脂肪を
燃やすしかない。

 

 

それにはストレッチで筋肉をつけ、ウオーキングで脂肪を
燃やせばいいわけです。

 

 

この患者さんに入院してやったことは、食事療法とメデイカル
・マッサージと瞑想でした。

 

 

メイデイカル・マッサージは運動代替、瞑想は睡眠代替、
食事療法は理想的な食生活の実践ですから、まとめて
できない人間の基本的営みを正しく行ったに過ぎないのです。

 

 

それで不眠症も解消し、不安、焦乾感も消え、体重も増えました。
この人は以前体重が80㎏近くあり、私から「少し落としなさい」といわれて、
ずっと73,4㎏を保っていたのです。

 

それが入院時は61㎏と10㎏以上も落ちていた。激やせする
くらいうつがひどかったわけです。

 

私たちがいちばん心を砕いたのは「食べるのは楽しい」
「寝るのは楽しい」「歩くのは楽しい」ということをご本人に
いかに実感してもらうかということでした。

 

今は元気に仕事に復帰しています。

 

もともとそううつの傾向を持っている人ですから、何か引き金があったら
また出てくるかもしれませんが、入院したことで何かを悟ってくれたと思うのです。

 

 

われわれの病院に入院するのは「これがあなたにもっとも適した運動ですよ」
「こういうことを体験してもらうためなのです。

 

 

入院で治療がすべて終わるなどとは毛頭思っていません。

 

スポンサーリンク



300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました