メタボ改善で長寿に「脳内革命②」 ストレッチはいいことずくめで一石三鳥

こんにちは

見本市ブログです。

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

 

ゆっくり運動するのがコツ

 

ストレッチ体操はふだん使わない筋肉を引っ張ってやることで、
筋肉に刺激を与え、筋肉を増やしながら脳を活性化して脳内モルヒネを
出させることを目的にしています。

 

筋肉というのは速く動かすと、血流がかたより全身にくまなく
行き渡りにくくなるのです。

 

最近は骨粗鬆症が問題にされ、カルシウムの摂取とともに
運動の重要性もいわれています。

 

しかし筋肉を激しく動かす運動をしてしまうと、骨の中に血が入っていかない。

 

血が入っていかないということは、カルシウム分も入っていかない。

 

ゆっくりした運動だと血液はスムーズに細部にまで流れるので、
とにかくゆっくりとやってください。

 

骨粗鬆症の予防のためにはストレッチはたいへんに効き目が
あります。もう一つストレッチのいいところは、活性酸素を
出さないで筋肉がつけられる点です。

 

また脳内モルヒネが出るし、成長ホルモンも出る。
脂肪を燃やすこともできる。

 

一つのことで一石三鳥にもなるのです。

 

スポンサーリンク



 

 

八つの型について簡単な説明をします。

 

①両手の指を組んで思いきり背伸びする。組んだ手が天井の
ほうに吸い込まれる感じで。足まで全身の筋肉を伸ばすようにする。

 

心はあくまでゆったり、しかしそのままのの緊張を保ちながら、
意識を上へ上へと上昇させると、両脇腹や胸に軽い痛みのような
ものが感じられます。それが効いてきた証拠です。

 

あまり痛くならないていどでやめます。

 

②両手を背の後で組み、ゆっくりと上げていく。上半身は
倒さずに後ろで組んだ手を上に上げていくことで、
背筋と胸の筋肉がはっていく。
このとき前かがみにならないようにします。

 

③両ももを開いて座り、足の裏をつけて手で支える。
まず足を体に引きつつけるように背を反らす。

 

次に前かがみになる。足の裏をつけて上半身を反ることで
背筋が伸ばされると、頭を足にちかずけることで、
ももの外側が伸びる。

 

ちょっと痛いかなというところまでやり、
ゆっくりかがむのがコツ。

 

④横にねころがって、片手は頭にもう一方の手で足首をつかむ。
手で足の裏を体に引き寄せることで太ももからお腹までの筋肉が伸び、
背筋が張ってくる。

 

⑤あお向けに寝て、一方の足を両手で抱え込むようにする。
同じようにもう一方に足も、。腹筋が張るのと、頭を持ち
上げることによって背筋も伸びる。

 

⑥足を伸ばして座り、片足を曲げて交差する。曲げた足の
反対方向に体と頭をねじっていく。

 

背筋と足の外側の筋肉が伸びる。

 

⑦両手とひざから下を床につけてかがむ。猫が伸びを
するように背中を天井に向かって持ち上げる感じに。

 

背筋が伸びる。⑧100メートル競走のスタートの要領で片足を後ろに伸ばす。
後ろの足首を伸ばすのと同時に上半身を前に出す。アキレス腱と背筋が伸びる。

 

注意点は

 

(1)無理をせず、自分の柔軟性にあわせて行う。

(2)強い反動はつけなくていい。あくまで穏やかに行うこと。

(3)ストレッチ中は通常の呼吸を心がけてる(ハアハアと荒い息にならないように)。

(4)心地よい痛みを感じるところでやめる。痛くなるまでやらなくていい。

(5)筋肉は20~30秒伸ばし続ける。

 

これを実行しますと、

 

体が柔軟になり全身の血行がよくなるので、朝はすっきりと
目覚めることができ、また便通もよくなります。

 

頭も体もすがすがしく感じられるようになり、肉体も精神も
疲労感が残らなくなります。

 

お風呂上りに毎日、15分前後、実行してみてください。

 

スケジュール



 

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

「なんとなく」でもイメージが湧きましたでしょうか?

あとは実践して頂くことで実感に変わるはずです。

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました