メタボ改善で長寿に「脳内革命②」 顔を洗いながらできるツボ・マッサージ

こんにちは

見本市ブログです。

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

簡単、ながらツボ・マッサージ

 

私は一日に何十回も顔を洗います。きれい好きで洗うのではなく、
顔を洗いながら、顔のツボを押えているのです。

 

鏡を見ながらきちんと顔のツボをマッサージしたほうが
より効果的。

 

女性にとっては美容、男性にとっても若返り効果の高い顔の
ツボ・マッサージのやり方を紹介します。

 

ツボの押方は

 

人差し指に中指を重ね、指の先に力を込めて、1,2,3・・・・と
3回押し、最後の10回目くらいで10秒くらい押し続ける。
これを何度も繰り返すのです。

 

顔を洗うとき、ちょっと気にして、この顔のツボを押す
だけでも、脳内モルヒネの出方が違ってきます。

 

顔のツボ・マッサージ

 

①眉毛の少し上(ようはく)を繰り返し押す

②目と目の間(せいめい)を繰り返し押す

③両目じり外側両(どうしりょう)を繰り返し押す

④鼻こぶの両外側(げいこう)を繰り返し押す

⑤唇とアゴの間(しょうしょう)一点を繰り返し押す

これをやるとものすごく脳内モルヒネが出てきます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

東洋医学の揉み

 

東洋医学の揉みはツボの刺激によって血流の流れをよくする
ことであり、脳内モルヒネを出すことです。

 

揉みによって皮膚に適当な刺激を与えると、その刺激は脊髄を
通じて、内蔵や脳へ直接伝わっていく。

 

脊椎にそういう神経系があることがわかったのです。

 

刺激は枝分かれして一つは脳へ上がっていく。

 

もう一つは刺激を受けたツボとつながっている臓器や器官へと向かいます。

 

脳へ向かった刺激は心地よさを感じたことで脳内モルヒネを
引き出し、内蔵や器官へ向かった刺激は血流をよくしてくれる。

 

止まると活性酸素が出てくる。

 

活性酸素のことがわかるようになって、はじめて西洋医学も
そのことを信じるようになったのです。

 

血液がサラサラと流れていれば組織は老化しない。

 

老化とは血流がわるくなって活性酸素が出てくることが関係しています。

 

ですから全身どこでも血をよく流すことがいちばん
大切なことなのです。

 

揉みの効果には個人差があって、ある人は胃のツボで脳内モルヒネが
どっと出る、ある人は腸のツボで出るというふうに異なります。

 

実際にやってみて「そこがすごく気持ちがいい」という
箇所があれば、少し丹念に押してあげる。

 

このマッサージを前述したストレッチ体操やウオーキング、
自律訓練法や瞑想、食事などに加えて習慣化すれば、
あなたの「脳内革命」は、さらに一歩前進することに
なるでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

「なんとなく」でもイメージが湧きましたでしょうか?

あとは実践して頂くことで実感に変わるはずです。

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました