チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


病気は自分で治せる健康法自己治癒力を高める方法は意識を変えることで出来ます

こんにちは
WordPress見本市ブログです
私はメタボで高血圧の成人病でした。
血圧の薬はコレステロール値が必ず上がり
動脈硬化を招きますので、
薬を飲まずに正常値にできました。


スポンサーリンク



自己治癒力を高めるには

さて、いよいよ自己治癒力を高める方法についてですが、

自己治癒力を高めること自体は、それほど難しい話ではありません。

非常に面倒くさい手順や大変な努力が必要だと誤解されている方も

いるかと思いますが、

ジムに通う必要もありませんし、特別にお金をかけたり、

さほど時間を割いたりする必要もありません。

ただ、少しだけ変わる(チエンジする)勇気と努力はいるかもしれません。

ここで皆さんに確認しておきたいと思います。

「ストレスは、はたして悪者でしょうか。良いも者でしょうか」

「悪者に決まっているじゃないか!」と言われる方もきっと多いでしょう。

確かに、ストレスで病気になったなどという話は、

皆さんもよく耳にすることだと思います。

ただ、ストレスはいつもいつも悪者というわけではありません。

ストレスを悪者にするか、良い者にするかは、実は僕たち次第なのです。

ストレスそのものは、言い換えれば単なる「刺激」です。

単純な刺激なので、良いか悪いかは受け手次第ということになります。

同じ刺激が好ましいこともあれば、そうでない場合もあるでしょう。

とらえ方はケースバイケース、いろいろなのです。

スポンサーリンク



一方、ストレスは刺激ですから、生きる原動力にもなりうる、

非常に重要なものであります。

したがって、いたずらにストレスを避けると、

精彩を欠くつまらない人生になってしまいます。

ストレスがあるからこそ、生きていこうというパワーがみなぎってくるわけです。

ストレスがあるからこそ、人は成長していけるし、

達成の喜びを味わうことができます。

さらにハラハラ、ドキドキするようなスリルを味わえるもの、

ストレスがあればこそです。

ただひたすらストレスを避けようとしている人をよく見かけますが、

むしろそのような生き方は自己治癒力を低下させてしまうことにも

なりかねません。

それよりも、ストレスと上手につき合うすべを身につけ、

適度にストレスを楽しみながらうまく活用できれば、

その方がベターだと思います。

つまりストレスは諸刃の剣だということです。

さて、そのストレスと上手につき合うすべなのですが、

意外に心の持ち方と関係することがわかってきています。

したがって最初に述べた、ちょっとした変わる勇気、

変わる努力が必要になってくるのです。

スポンサーリンク



読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

まとめ

ストレスは刺激ですから、生きる原動力にもなりうる、

非常に重要なものです。

ストレスと上手につき合う心の持ち方が必要になってくるのです。

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP